知っておきたいゲーム制作に使用する3Dソフト
TOP » ゲーム専門学校でお得に賢く学べるスキル » 知っておきたいゲーム制作に使用する3Dソフト

ゲーム専門学校でお得に賢く学べるスキル
知っておきたいゲーム制作に使用する3Dソフト

ゲーム制作の技術はどんどん進化しており、最近のゲーム制作の主流は3Dソフトとなっています。3Dソフトとは、3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)を作るためのソフトウェア。このソフトは1種類だけではなく、ゲーム・アニメ・映像などを制作している会社では、スタイルに合わせていくとかのソフトを組み合わせて使用しています。ですから、ゲーム制作のプロになるためには、ゲーム業界で使われている3Dソフトを複数使いこなす必要があるのです。

ここでは、実際のゲーム制作現場で使用されている3Dソフトの特徴についてご紹介していきます。ゲーム専門学校でも、こうした3Dソフトの使い方を学びますが、授業に使われるソフトは学校によって異なります。どんなソフトについて学ぶのかも、事前に調べておいた方が良いでしょう。

3DSMAX

3DSMAXとは、アメリカのAutodesk社が開発・販売を行っている3Dソフトウェア。3Dモデリング・アニメーション・シミュレーション・レンダリングのためのソフトであり、ゲーム・モーショングラフィックス・映像制作などに携わるプロフェッショナル向けの製品となっています。現場で使用される高性能3Dソフトの中でも人気を誇っており、ゲーム専門学校でも教材として取り扱っていることが多め。機能としては、リアルな造形物・映像の制作を得意分野としています。現場やアーティストに合わせてカスタマイズも可能で、コラボレーションにも適しています

Maya

MayaはAutodesk社が提供している製品で、3Dモデリング・アニメーション・シミュレーション・レンダリングのための3Dソフト。Mayaを開発ラインに導入している日本のゲーム企業も多く(任天堂/スクウェア・エニックス/バンダイナムコゲームスなど)、学んでおいて損はないソフトの1つです。ゲーム制作に特化したMayaLTという製品もあり、こちらは機能限定型ですが3DCGの基本を学習するのに適しています。

Shade

Shadeとは、株式会社イーフロンティアが開発・提供している統合型3DCGソフトウェア。3DCGに必要な機能がすべて搭載されており、初心者からプロフェッショナルまで、幅広い層から支持されています。3Dイメージ・アニメーション・立体印刷(3Dプリンタ)のモデルデータ作成など、3DCGに関するあらゆることに対応していますが、操作には専門的な知識と練習が必要。使いこなすことができれば、複雑な構造・曲線を持つイメージも3Dモデルとして見事に再現できます。

六角大王

六角大王(ろっかくだいおう)とは、株式会社終作が開発・提供するPC用3次元コンピュータグラフィックスソフト。シンプルな基本操作で、直感的なCG制作が可能となっています。モデラーに特化しているのが特徴で、人物素材から人体モデルを作る人体作成機能・骨組み機能・モーフィング機能など、機能も盛りだくさん。使い方も簡単で、たとえば作成した人物モデルを使ったアニメーションを作りたいと思うなら、動作・表情等のデータをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

ゲーム専門学校診断チェックをする