東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科
TOP » 様々な特徴が栄えるゲーム専門学校 » 東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科

業界のプロも驚く実践的な設備あり。 「おもちゃクリエイターコース」で玩具制作も学べる!

東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科

引用元:東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科
(http://www.technosac.jp/eng/creator/game/)

校舎
東京都小金井市前原町5-1-29

学科 / コース
ゲームクリエイター科/ゲームクリエイターコース
主な学費
初年度納入金:1,200,000円

ここが凄いぞ東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科

  1. ゲーム制作の基本だけでなく、プレゼンテーション力までを幅広く学ぶことができるのが強みです。
  2. マスコミ学・メディア学・美術・デザイン・システム制御工学・情報工学・電子工学・画像音響工学など、多種多様な学問をゲームクリエイター科というひとつの学科で学ぶことができます。
  3. 日本でも希少な「玩具開発」専門コースがあります。玩具開発を「企画」「設計・デザイン」「試作品制作」という3つの柱で勉強するコースで、1年次には基本を学び、2年次には制作活動に没頭できるカリキュラムになっています。

東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科の力強さ

ゲームクリエイター科は、平成10年から開始した学科です。それから早20年、ゲーム業界や玩具業界は刻々と進化しています。
ゲームクリエイター科のおもなコースは「ゲームクリエイターコース」と「おもちゃクリエイターコース」の2つです。どちらのコースのカリキュラムや制作体制も時代の変化に柔軟に対応しており、時代遅れな授業内容にならないようになっています。
特に制作体制の基本となる実習室については、見学したゲーム&玩具会社からも「実際の現場と同じ」と評価されており、限りなく実戦に近い形でのリアルな教育カリキュラムが組まれていることが分かります。

こんな君にオススメ!

東京工学院専門学校のゲームクリエイター科の学生が目指せる仕事には、WEBデザイナーやWEBクリエイター、キャラクターデザイナー、ゲームディレクター、CGデザイナー、アプリケーションエンジニアなどたくさんの人気業種があります。
このような仕事を目標にしている人、ゲーム制作に関連した好きなことを仕事にしたい人にオススメです。

東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科ってこんな学校

東京工学院専門学校は、武蔵小金井駅からバス8分の場所にキャンパスを構えています。ゲームクリエイター科のほかにも多様な学科があるので、学内イベントや大画面のLEDモニターなどを通して他の学科の学生が制作した作品を目にする機会にも恵まれやすく、刺激的な環境だといえるでしょう。

この一言が親の理解を得られる最良のセリフだ!

現場のプロも驚く設備と実践的な授業で、実際に力もつきそうだし、就職活動でたくさんアピールできそうだよ。

この学校に入学する為の説得ストーリー

・入学を反対されたら

東京工学院専門学校の授業の特徴は、少人数制であることです。これにより、生徒一人一人がプロ仕様の設備や器材を実際に使用し、仕事の現場で実際に役立つスキルを習得しやすくなります。
東京工学院専門学校の授業風景は、現役の業界人が見ても驚くほどリアルなものです。
他の学校にはない、即戦力になるためのカリキュラムが豊富に用意されている東京工学院専門学校なら、就職でも圧倒的に有利であるということをアピールしてみましょう。

東京工学院専門学校 ゲームクリエイター科の評価

  • チームでのゲーム制作では、ジャンルやターゲットを皆で話し合います。企画書作成、プログラミングもすべて自分たちで行います!
  • プレゼンテーションを行う機会もあるし、声優・演劇科やCGクリエーター科など他の学科の人たちに協力してもらうこともあるので、コミュニケーションも学べます。
  • その他評価は見つかりませんでした。
ゲーム専門学校診断チェックをする