大原情報デザインアート専門学校
TOP » 様々な特徴が栄えるゲーム専門学校 » 大原情報デザインアート専門学校

大原情報デザインアート専門学校 | 創りたいゲームを作るためのゲーム専門学校情報

大原情報デザインアート専門学校

引用元:大原情報デザインアート専門学校

校舎
難波/和歌山/金沢

学科 / コース
情報IT・CG/ゲーム/Web・マンガ/イラスト・声優
主な学費
初年度納入金:1,120,000円

ここが凄いぞ大原情報デザインアート専門学校

  1. 高度な教育プログラムによる即戦力の育成が圧倒的な就職内定率に繋がっています。
  2. 業界のプロを招いての特別授業や構内で開催される講評会、オーディションなどのサポートも充実しています。
  3. 各コースに最適化された学習環境が用意されており、プロと同じ環境で実践的なトレーニングが可能です。

大原情報デザインアート専門学校の力強さ

大原情報デザインアート専門学校は「資格の大原」「就職の大原」としても知られる学校法人大原学園が運営する専門学校の一つです。高水準の実践的な学習プログラムが生徒の潜在能力を引き出し、高い就職率や資格合格率を誇っています。ゲームに関するコースだけでも「ゲームクリエイターコース」「ゲームデザイナーコース」「ゲームプロデューサーコース」といった多彩なコースが用意されています。自分が目指す職種に特化したコースとハイレベルな講師陣による熱心な指導によって効果的に学習に取り組むことが可能です。大原学園の特色は「現場」を意識した学習プログラムです。学習段階からプロが使用する機材やソフトを使いながら現場さながらの実践的なカリキュラムが用意されています。企業に就職してから即戦力として活躍できるのも大原情報デザインアート専門学校の強みです。

こんな君にオススメ!

ゲームクリエイターとして活躍したい!その思いを最短ルートで実現させたいのであれば大原情報デザインアート専門学校が最適です。実務に即した学習環境が用意されているので、机上の「勉強」ではなく実践的なスキルが身につきます。また、初心者の方でも分かりやすいように、経験豊富な講師がしっかりサポートしてくれるので安心です。指導に当たるのは第一線で活躍するトッププロ!「生きた経験」を交えたリアルな指導で将来の現場を想像しながら学習することができます。また、大原情報デザインアート専門学校では金銭面で夢を諦めなくても良いように「学費サポート」も充実。大原独自の特別奨学金制度や国や民間企業からの学費支援制度を利用することが可能です。

大原情報デザインアート専門学校ってこんな学校

関西7地域に17校が設置されている国内トップクラスの規模を誇る専門学校です。ゲームクリエイターだけでなく、CG・Web製作、情報IT、マンガ・イラスト、声優などさまざまなコースが用意されており、毎年多くの卒業生が各業界に羽ばたいています。その就職率は100%という最高水準を維持しており、実践的なカリキュラムによる即戦力の育成が評価されています。特にスマートフォンの普及によってソーシャルゲーム業界は非常に大きな市場となっており、即戦力が求められる傾向が強いです。現在ではたくさんの卒業生がゲーム製作の分野で活躍しています。

この一言が親の理解を得られる最良のセリフだ!

ほぼ100%の卒業生が就職しているから決してムダにはなりません!

この学校に入学する為の説得ストーリー

・入学を反対された

ゲーム業界に入るために必要な学習環境がすべて揃っているだけでなく、現場を知るトッププロが直接指導してくれるのが最大のメリットです。将来どのようなクリエイターになれば良いのか、現場ではどのようなことが求められるのかといった実践的なことを学び、考えながら学習することができます。学生の内から現場で活躍することを前提としたカリキュラムに身を置くことで即戦力として就職することが可能です。また、高い就職率を誇るため、頑張って大原情報デザインアート専門学校を卒業することは就職を約束されたこととほぼ同じといえます。

・学費の問題で反対された

大原情報デザインアート専門学校では奨学金制度も充実しているので安心です。金銭的な理由で入学を諦めたくないという人は毎年います。独自の特別奨学生制度、日本学生支援機構奨学金、教育ローンなどを利用することが可能です。大原学園が提携している企業でお昼はアルバイトをしながら夜間の授業に通うという幅広い通学スタイルを選択することができるのも大きな特徴となっています。また、ローンの返済については卒業後に返済するプランも用意されており、アルバイトをしながら勉強することが不安という学生にも対応しています。これにより在学中にしっかりとスキルを身につけることができます。

・一人暮らしを反対

もし関西圏に在住であれば難波校と和歌山校は通学可能な範囲です。両校とも駅チカで近くに飲食店やショッピングモールなど周辺施設も充実しています。難波校は地下鉄「なんば駅」の出口からすぐ、和歌山校はJR和歌山駅から徒歩2~3分という場所に校舎があり、非常にアクセスの便が良い立地条件となっています。そのため、一人暮らしをしなくても関西地域であれば通学することが可能です。ほかにも金沢校など、北陸エリアにも校舎がありますので、自宅から最寄りの校舎を選べば無理に一人暮らしをする必要もないでしょう。また、どうしても通学が難しいということであれば、大原学園が所有する学生寮から通うことも可能です。生活費を抑えながら学校に通えるので検討してみる価値はあるでしょう。

大原情報デザインアート専門学校の評価

  • 大原情報デザインアート専門学校の良いところは、すべて現場と同じ環境で学習できる点です。将来、就職した時に学んだことが活かせないのでは通う意味がありません。その点、大原情報デザインアート専門学校なら学習段階から確実に役立つ経験を積むことができるのは魅力だと思います。
  • 講師の方が実際に現場を知っているので、授業で教わっているときから説得力が違います。また、仕事に対する意識や周囲の仲間との連携の大切さなど、常に現場を意識しながら学ぶことができるのは大きいです。
  • 親に金銭的な負担を掛けられないと考えていたのですが、どうしても諦められないときに出会ったのが大原情報デザインアート専門学校でした。ここの奨学金制度が無かったら今ゲームデザイナーとして働いている自分はいないと思っています。
ゲーム専門学校診断チェックをする