ゲーム制作の仕事を目指すなら資格を取得しておこう
TOP » 嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷噂 » ゲーム制作の仕事を目指すなら資格を取得しておこう

嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷の噂
ゲーム制作の仕事を目指すなら資格を取得しておこう

ここでは、ゲーム制作会社への就職を目指すにあたって取得しておきたい資格と、資格についての考え方をご紹介していきます。資格を取得しておくことは、一般的に就職に有利と言われています。それは、ゲーム制作を担うゲームクリエイターにとっても同じことです。ゲームクリエイターになるのに特別な資格は必要ありませんが、就職・転職の際に役立つ資格がいくつかあります。もちろん個人でも取得を目指せますが、社会人になってから資格を取ろうと思ってもなかなか時間が取れなくなるため、できれば学生のうちに取得しておくと良いでしょう。ゲーム専門学校では資格取得に特化したカリキュラムを組んでいるところも多く、効率よく資格を目指すことができます。

資格はあくまでも「免許」みたいなモノとして考えよう!

ゲーム制作関連の会社へクリエイターとして就職するのに、必須の資格は特にありません。しかし、資格を取っておいて損はありませんし、むしろ就職・転職に有利に働くこともあるのです。

自分の持っているスキルを客観的に証明できる

ゲーム制作会社へ就職・転職をするにあたって大切なのは、自身の持つスキルを明示すること。その手段の1つとして、資格はとても有効な武器となります。ゲーム制作にはプログラミングやCGデザインといった技術・知識が必要ですが、このスキルを持っているかどうか・どのくらいのレベルなのかを証明するのは難しいものです。面接で制作したゲーム・作品を直接見てもらい、自身のスキルをアピールできればいいですが、第一段階である書類選考ではなかなかそうはいきません。その際に役立つのが、ゲーム制作に関連した各種資格です。資格があるから有利になるとは言い切れませんが、あれば「この分野のスキルは身についている」「このレベルはクリアしている」という判断材料となります。いわゆる免許のようなものと考えてください。

ゲーム制作会社への就職にあたって取得しておきたい資格

では、ゲームクリエイターとして就職するために取得しておきたい資格には、どんなものがあるのでしょうか。有利になると考えられる資格は以下の通り。
・基本情報技術者試験
・ITパスポート
・CGクリエイター検定
・CGエンジニア検定
・C言語プログラミング能力認定試験
・Illustratorクリエイター能力認定試験
・マルチメディア検定
・色彩士検定
・TOEIC/英検

なかでも、ゲームプログラマーを目指す場合に取得しておきたいのが基本情報技術者試験。これは経産省が認定する国家試験の1つで、プログラム・システム設計をはじめとする情報技術全般の知識を評価するもの。技術者としてのスキルが一定以上の水準にあることを証明できるため、企業側もこの資格を持っているかどうかを判断基準の1つとしています。その他、プログラミングの知識を証明するC言語プログラミング能力認定試験、マルチメディアについての幅広い知識を認定するマルチメディア検定なども、役立つ資格です。また、大手ゲーム会社への就職を目指す場合は、英語スキルを示せるものがあると有利。TOEICなら700点以上、英検なら2級以上が目安となるようです。

ゲーム専門学校診断チェックをする