アルバイトからゲーム会社の社員になれる?
TOP » 嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷噂 » アルバイトからゲーム会社の社員になれる?

嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷の噂
アルバイトからゲーム会社の社員になれる?

就職先として人気の高いゲーム業界。憧れる人も多い華やかなイメージの業界ですが、就職の際に「いきなり正社員として採用されることは少ない」「アルバイトから入ってステップアップし、その後正社員登用されるのが一般的」といった噂を見かけることあります。確かに、ゲーム企業では積極的にアルバイトを募集している傾向があり、ここから業界へ入る人も少なくありません。求人情報にも、「正社員登用あり」と記載されているケースが多くなっています。しかし、アルバイトを経験しなければゲーム会社の正社員にはなれないのでしょうか?ここでは、まことしやかに囁かれるアルバイトと正社員の噂について、さまざまな情報をもとに検証していきます。

バイトから正社員登用への道!?

ゲーム業界で働く方法として、もっともハードルが低いのがアルバイトです。アルバイトの仕事として多く見られるのは、テストプレイ・デバッグ・ソーシャルゲームの監視・カスタマーサポート・事務作業など。なかにはキャラクターデザイン・イラスト制作・3DCGデザインといった本格的な内容まであります。テストプレイ・デバッグなどは未経験からでも入れるため、ゲーム業界へ入る足がかりとする人も多くなっていますが、アルバイトをしなければ正社員になれないということはありません。

アルバイトから正社員へ登用される可能性はどれくらい?

求人情報に「正社員登用あり」と記載してあれば、もちろんアルバイトから正社員になれるチャンスはあります。しかし、アルバイトから始めて正社員を目指すという方法は、あまり現実的ではないのです。アルバイトは雇用形態の中でも安定感が悪く、立場も比較的弱くなっています。先方の判断で突然契約終了となることもありますし、長く勤務したから・スキルが高いからといって、必ずしも正社員になれるとは限らないのです。現実的に見ると、アルバイトから正社員に登用されるケースはごくわずか。ほとんどのゲーム会社は、新卒者や中途採用の人材を正社員登用しています。

ゲーム業界で正社員になるには

ゲーム業界で正社員として働きたいと思うなら、やはりゲーム専門学校できちんとした知識・技術を身につけておくべき。その方が、自分がやりたい仕事に就ける可能性も高くなりますし、ゲームクリエイターとしてのやりがいも大きくなります。「アルバイトよりも、正社員募集の方が求人情報が少ないのでは?」と思うかもしれませんが、ゲーム専門学校とゲーム会社には太いパイプがあるため、一般的には出回らない求人情報が多数集まります。もちろん学校側の就職サポートも充実していますし、スキルを証明できる資格取得も目指せるため、正社員となれる確率はグンと高まるでしょう。

ゲーム専門学校診断チェックをする