専門学校と大卒、最終学歴でどちらが有利?
TOP » 嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷噂 » 専門学校と大卒、最終学歴でどちらが有利?

嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷の噂
専門学校と大卒、最終学歴でどちらが有利?

めまぐるしい変化を見せているゲーム業界。最近ではゲーム業界の求人も学歴重視になりつつあると言われており、「最終学歴が専門学校よりも、大卒の方が就職で有利になる」といった噂も聞かれるほどです。確かにゲーム業界は人気の職業ですし、一流のゲーム企業ともなると大卒者の採用が多くなる傾向。ゲーム関連の勉強をしたいと思っている人も、進路選択の際に専門学校か大学かで迷うケースも多くなっているようです。しかし、大卒だから専門学校卒よりも就職面で優遇されるなどということが、本当にあるのでしょうか?ゲーム専門学校を出てもゲーム業界に就職できない、などということがあるのでしょうか?ここでは、そんな巷に流れるゲーム業界の学歴についての噂を検証し、本当のところはどうなのかを解説していきたいと思います。

ゲーム会社に就職するには専門学校と大学どっちがいい?

ゲーム業界で制作を担うゲームクリエイターやプログラマー。ゲーム制作には、プログラミング・3DCGデザイン・システム構築といった専門知識・技術が必要となるため、多くの人は専門の教育機関でそれらのスキルを身につけています。その教育機関として挙げられるのが、専門学校と大学。「最終学歴が大学の方が就職に有利になる」と思われがちですが、この2つの教育機関にはどのような違いがあるのでしょうか。

大学

まずは大学です。最近ではゲームに関する知識・技術を学べる大学も多くなっており、ゲーム業界を目指すために大学へ進学する人も多くなっているようです。しかし、大学で学ぶのはゲームに関するものだけではありません。ゲームに関係のない一般教養なども履修する必要がありますし、なかにはゲームに関する勉強が出てくるのは2年次から・・・という大学もあります。人によっては4年間で「ゲーム業界へ就職したい」という気持ちが薄くなり、結局別の職種を選んでしまうケースも少なくありません。

ゲーム専門学校

ゲーム専門学校は、その名の通りゲーム制作についての知識・技術を専門的に勉強する学校です。勉強内容はゲーム制作に特化しており、入学時からプログラミング・プログラム言語・CGといった分野を集中的に学んでいきます。どの専門学校も実際のゲーム会社で使われている設備を揃えており、現場さながらの機材に触れられるのが特徴。講師陣も業界をよく知るプロが揃っており、現場が求める即戦力を育成しています。ただし、多くの場合はゲームに特化したカリキュラムしか学べないため、将来的に潰しがききにくいのがデメリット。

最終学歴で有利なのは大学?専門学校?

ゲーム業界の採用条件についてですが、一流のゲーム会社であっても「大卒のみ」を募集していることはありません。任天堂を例に挙げると、すべての職種において「新卒の募集対象は高専・専門学校・大学・大卒院を卒業見込みの方」となっています。海外事業や法務といった分野では大卒が優遇されるかもしれませんが、クリエイター分野が求めているのは「ゲームを作りたいという情熱に溢れ、独自のセンスを持っている人」。最終学歴で贔屓されるといったことはありませんし、むしろ現場に近い環境でスキルを身につけた専門学校卒は即戦力として期待されているほどです。

ゲーム専門学校診断チェックをする