想い描く未来と構想、現実を見つめながら、好きな世界を体験する。
TOP » 嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷噂

嘘?本当?ゲーム会社で働くための巷の噂
ゲーム会社で働くために知っておいて欲しい本当のコト

人気の就職先として注目を集めるゲーム業界。ゲーム会社で働くためにさまざまな情報を集めたり、専門学校・大学への進学を考えている人も多いと思います。しかし、「ゲーム業界・就職」といったワードで情報を検索すると、チラホラ見られるのが「ゲーム会社で働くためには、学歴が必要」「アルバイトから入らないと正社員になれない」「インターンシップは就職に有利になる」といったさまざまな噂。本当のところはどうなのかと、不安に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで、このカテゴリでは巷に流れるゲーム業界の噂を集め、それぞれの真偽について検証してみました。正しい情報を知り、ゲーム会社で働くために正しい選択をしていただければと思います。

最終学歴での贔屓はあるのか?

技術力やセンスが問われると思われていたゲーム業界ですが、最近では「最終学歴が専門学校よりも、大学卒の方が就職で有利になる」といった噂も聞かれます。将来的にゲーム会社で働きたいと思っている人の中には、ゲーム専門学校か大学かで進路選択を迷うケースも多くなっているようです。しかし、大卒だから専門学校卒よりも就職面で優遇される、贔屓されるなどということが本当にあるのでしょうか?大学と専門学校で学べる内容を比較し、どちらが有利になるのかを検証してみました。

どこまで出来ると即戦力?

数多くのクリエイターを必要とするゲーム会社において、求められているのは即戦力となる人材。一般的には、「経験が豊富で、すぐに業務に入れる人」「ゲーム制作の高いスキルを持っている人」が即戦力と思われがちですが、ゲーム業界が求めている即戦力とは技術面のみを指すものではないようなのです。ここでは、ゲーム業界で即戦力として認められるレベルとはどれくらいなのか、ゲーム会社で働くためにしておきたいことは何かについて、詳しく解説しています。

バイトからでも正社員になれる?

ゲーム企業では積極的にアルバイトを募集している傾向があり、募集要項の中には「正社員登用あり」と記載されていることも多くなっています。確かに正社員よりもアルバイトとしての方が採用されやすくはなりますが、「ゲーム会社で働くためには、バイトから入って正社員になるのが一般的」「いきなり正社員として採用されることは少ない」といった噂は本当なのでしょうか。ここでは、アルバイトから正社員になれる可能性はどれくらいあるのか、着実にゲーム会社で働くためにはどうしたらいいのか、について検証してみました。

インターン制度でゲーム会社に入れる?

インターン制度とは、学生が企業に赴いて実際の仕事を体験すること。多くのゲーム会社は、ゲーム専門学校などと提携してインターンの受け入れを行っています。就職前に実際のゲーム制作現場に触れることのできるインターンは学生にとって有意義と思われますが、「インターンを経験した方が就職に有利となる」「無償労働なので、体の良い作業員になるだけ」といった噂も見られます。こういった噂の検証も交えつつ、インターンのメリットや就職への影響について考えていきたいと思います。

ゲーム専門学校の就職率って本当に高いの?

ゲーム会社で働くために専門学校で学ぶなら、やはり「就職率の高い学校を選びたい」と考えるのではないでしょうか。ゲーム専門学校のHPをチェックすると高い就職率を押し出している学校が多く見られますが、数字だけを鵜呑みにすると痛い目をみることがあるのです。そこで、ここではゲーム専門学校の就職率について徹底的に調査。就職率という数字をどこまで信じたらいいのか、就職率よりも注目するべき部分はあるのかなどを解説しています。

資格があると有利になるのか?

ゲームクリエイターになるのに特別な資格は必要ないため、わざわざ資格を取得する必要はないという声が聞かれます。確かに資格がなくてもゲーム会社で働くことはできますが、就職・転職の際に有利になる資格はないのでしょうか?ここでは、ゲーム関連の資格を取得しておくメリットと、持っておきたい資格についてまとめています。社会人になってから資格を目指しても、忙しくてなかなかうまくいかないことが多いので、必要なものは学生のうちに取得しておきたいものです。

ゲーム専門学校診断チェックをする