ゲーム専門学校に行くための親の説得メソッド

親の反対を覆せ!
ゲーム専門学校入学への説得術

topボタン背景

君は何タイプ?
ゲーム専門学校 適正診断テスト

topボタン背景
TOP ⁄ 親を説得して憧れのゲームクリエイターを目指せ! 嘘?!ホント?!ゲーム専門学校のギモン解決

親を説得して憧れのゲームクリエイターを目指せ!
嘘?!ホント?!ゲーム専門学校のギモン解決

いろんな噂や偏見が飛び交うゲーム専門学校
真偽を確かめ、憧れのクリエイターへの道を進め!

不動の人気を誇るゲーム業界ですが、やはりその近道となるゲーム専門学校も毎年多くの希望者が殺到しています。その分、良い噂も悪い噂もつきものというもの。特に親にとって「ゲームの学校」というのは、大きな偏見があるものかもしれません。せっかくゲームクリエイターの近道である専門学校に通いたいのに、親に反対されたらどうしよう。そんな悩める君に、このカテゴリでは説得方法を伝授!合わせて、ゲーム専門学校や業界のウワサの真相も解説していきます。

イメージ背景 イメージ画像
見出し背景 見出し装飾ダイヤ

ゲーム専門学校に通いたいなら、まず一読!

見出し背景

ゲームクリエイターになりたいなら専門学校が近道!
行方を阻む障壁を乗り越える知恵を授けよう!

親に反対された、学費を出してもらえない、悪い噂が心配・・・など、君がゲーム専門学校へ踏み出せない理由は?ここでは、悩める未来のクリエイターのために、悩みに合わせて親の説得方法や噂の真相を解説します。

ゲーム専門学校に行きたいと言ったら「遊んでないで大学いけ」と反対された

専門学校こそが就職への近道だと、アピールしよう!

ゲーム専門学校というと、進学先として認めてくれない親御さんも多いもの。親御さんは未来ある君たちの将来を心配しているからこそ、ついつい反対してしまうのです。親御さんを説得するには、まずはゲーム専門学校がしっかりと就職に結びつくことをアピール。そして、ゲームクリエイターの具体的な収入・将来性・キャリアップの可能性などをしっかりと把握し、どんな反対意見がきても納得できる答えを返せるようにしておくことが大切です。

ゲーム専門学校へ通う為の一人暮らしを反対された

学生寮や学生マンションを上手く利用して、安心させよう!

通いたいゲーム専門学校が遠方にある場合に付きまとう一人暮らし問題。しかし、親御さんに一人暮らしを反対されて困っているという声も多く聞かれます。子どもとしては「心配しすぎ」「信用されていない」と思いがちですが、親としては安心できる環境に子どもを住まわせたいもの。説得術として有効なのは、専門学校が提携している学生寮・学生マンションの利用など。一般の一人暮らしに比べると料金も格安ですし、食事が付いているところもあるので安心。また、寮母や管理人が常駐しているという点でも、親を説得する材料になります。

「ゲーム専門学校なんて行ってもどうせサボるでしょ」と信用してもらえない

普段から熱意がある姿を見せておこう!

ゲーム専門学校に進学しても、結局不登校になってしまうのではないかという理由で親に反対されるケースもあります。こうした親の気持ちとして考えられるのは、「何事も長続きしないタイプだから、すぐに学校をサボってしまうのではないか」「専門的な学習についていけず、途中で挫折してしまうのでは?」など。まずは、普段の生活から熱意がある姿勢を見せると良いでしょう。ゲームについて勉強をする・イベントやセミナーなどに参加するといった行動・熱意を見せ、進学したいという気持ちが一時的なものではないと分かってもらうことが大切です。

ゲーム専門学校に行きたいけど、学費が出せないと言われた

奨学金や特待生制度を調べて、行きたい気持ちをアピール!

経済的な理由で、ゲーム専門学校への進学を反対されるケースも多めです。
親御さんのサポートなしに進学するのは難しいため、子どもとしても強く出られない問題だと思います。しかし、ここで大切なのは経済的な問題を親にまかせきりにしないこと。利用できる奨学金制度・特待生制度などの学費サポートを調べ、少しでも経済的負担を軽くする努力をしましょう。お金に関して真剣に考えているという姿勢が見えれば親も説得しやすくなりますし、次第に「協力してあげよう」という気持ちになってくれるのではないでしょうか。

アニメ・ゲームに関わる専門学校には行くな!ってネットで書かれてるけど本当?

挫折した人ばかりが書き込む、ネット口コミの落とし穴

ネットの掲示板でアニメやゲームに関わる専門学校について、「闇が深い」などと暴露しているような書き込みが見られますが、真相はどうなのでしょうか?おそらく、書き込んでいる人にとってそれは事実だったのでしょう。しかし、ネットの口コミというものは、ネガティブな内容がフィーチャーされやすいという傾向があります。順調に授業を受けて就職できた人と、挫折してしまった人とでは、後者の方がネットで口コミを書くことが多いのです。また、その内容も本当に正当なのか見極める必要があります。

ゲーム専門学校では独学で勉強できることしか教えないって本当?

技術だけでなく、現場の考え方や実践的なものも教えるのが専門学校

プログラミング言語やソフトの使い方であれば、確かに独学でも勉強できます。しかし、ゲーム専門学校で教えているのは、ただの知識や技術だけではありません。ゲーム制作の現場で役に立つような考え方や実践的な技術も教えています。また、現場と同様の開発環境は、なかなか個人では揃えるのが難しいところ。独学で学ぶのも良いことですが、効率的・総合的に学びたいのであればゲーム専門学校がおすすめです。

ゲーム専門学校に対する悪い噂って実際にどうなの?

その噂、本当?疑うより自分の目で確かめてみよう

就職希望先として人気のゲーム業界。その人気に合わせてゲーム専門学校でも進学希望者が増えています。そうなると、当然良い噂だけでなく悪い噂もだんだんと聞かれるように。まずは、その噂が本当なのか確かめる必要がありますね。できるなら、平日の授業見学を申し込んでみましょう。その学校の雰囲気や、どんな人が通っているのか、授業の様子はどんな感じなのかを見ることができます。ネットの意見を見るのも良いですが、自分の目で確かめることも大事です。

ゲーム専門学校を中退してしまう理由

挫けそうなとき、どうしたら良い?中退理由で多い意見からヒントを得よう

ゲーム会社で働きたくて専門学校に通ったのに、結局中退してしまった・・・。そんな声を聞くことがあります。中退となってしまった人の声を聞くと「学友と馴染めなかった」「ゲームが好きじゃなくなった」「就職が不安」といったことが挙がります。もしかしたら、自分もその壁にぶつかるかも・・・!と不安な人は、ぜひこのページを見てください。挫けそうになったとき、どのように乗り越えるべきか教えます。

ゲーム業界は、学歴差別はある?

大学卒と専門学校卒に優位性があるのか?解説します

技術力やセンスが問われると思われていたゲーム業界ですが、最近では「最終学歴が専門学校よりも、大学卒の方が就職で有利になる」といった噂も聞かれます。将来的にゲーム会社で働きたいと思っている人の中には、ゲーム専門学校か大学かで進路選択を迷うケースも多くなっているようです。しかし、大卒だから専門学校卒よりも就職面で優遇される、贔屓されるなどということが本当にあるのでしょうか?大学と専門学校で学べる内容を比較し、どちらが有利になるのかを検証してみました。

どこまで出来るとゲーム会社では即戦力?

技術だけじゃない!ゲーム会社で働くために必要な力とは?

数多くのクリエイターを必要とするゲーム会社において、求められているのは即戦力となる人材。一般的には、「経験が豊富で、すぐに業務に入れる人」「ゲーム制作の高いスキルを持っている人」が即戦力と思われがちですが、ゲーム業界が求めている即戦力とは技術面のみを指すものではないようなのです。ここでは、ゲーム業界で即戦力として認められるレベルとはどれくらいなのか、ゲーム会社で働くためにしておきたいことは何かについて、詳しく解説しています。

ゲーム会社はバイトからでも正社員になれる?

アルバイトからの就職で、ゲーム会社の正社員を目指せるか

ゲーム企業では積極的にアルバイトを募集している傾向があり、募集要項の中には「正社員登用あり」と記載されていることも多くなっています。確かに正社員よりもアルバイトとしての方が採用されやすくはなりますが、「ゲーム会社で働くためには、バイトから入って正社員になるのが一般的」「いきなり正社員として採用されることは少ない」といった噂は本当なのでしょうか。ここでは、アルバイトから正社員になれる可能性はどれくらいあるのか、着実にゲーム会社で働くためにはどうしたらいいのか、について検証してみました。

インターン制度でゲーム会社に入れる?

うまく活用できる?インターン制度の有効性はいかに

インターン制度とは、学生が企業に赴いて実際の仕事を体験すること。多くのゲーム会社は、ゲーム専門学校などと提携してインターンの受け入れを行っています。就職前に実際のゲーム制作現場に触れることのできるインターンは学生にとって有意義と思われますが、「インターンを経験した方が就職に有利となる」「無償労働なので、体の良い作業員になるだけ」といった噂も見られます。こういった噂の検証も交えつつ、インターンのメリットや就職への影響について考えていきたいと思います。

ゲーム専門学校の就職率って本当に高いの?

本当に就職率って大事?他に重視するポイントはある?

ゲーム会社で働くために専門学校で学ぶなら、やはり「就職率の高い学校を選びたい」と考えるのではないでしょうか。ゲーム専門学校のHPをチェックすると高い就職率を押し出している学校が多く見られますが、数字だけを鵜呑みにすると痛い目をみることがあるのです。そこで、ここではゲーム専門学校の就職率について徹底的に調査。就職率という数字をどこまで信じたらいいのか、就職率よりも注目するべき部分はあるのかなどを解説しています。

ゲーム業界では資格があると有利になるの?

資格の種類と有効性を解説!資格はどのように活用すべきか

ゲームクリエイターになるのに特別な資格は必要ないため、わざわざ資格を取得する必要はないという声が聞かれます。確かに資格がなくてもゲーム会社で働くことはできますが、就職・転職の際に有利になる資格はないのでしょうか?ここでは、ゲーム関連の資格を取得しておくメリットと、持っておきたい資格についてまとめています。社会人になってから資格を目指しても、忙しくてなかなかうまくいかないことが多いので、必要なものは学生のうちに取得しておきたいものです。

タイトル装飾画像

君はどのタイプ?適正別ゲーム専門学校

自分次第で可能性が無限大

実力をつけて選択肢を広げる!

魔法剣士タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像
装飾画像

好奇心旺盛でいろんな可能性を持つ魔法剣士タイプの人は、物事を広い視点から見ている戦略家です。すぐに活躍する実践スキルはもちろん、計画の要になる専門知識も器用に身に着けて行きます。そんな魔法剣士タイプの人には、専門職のスキルをはじめ様々な他職種のスキルも学べる専門学校がおすすめです。 いろんな分野のスキルをバランスよく学んでいくことで、専門スキルやビジネススキルなど…将来の活躍の可能性を広げていきましょう。

装飾画像

熱意のある猛者に最適

ハイレベルな授業で更なる高みへ

戦士タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像
装飾画像

戦士タイプは、「とにかく実践あるのみ」な熱血タイプ。好きなことを好きなだけ追求する性格で、天才肌や職人肌の人が多くいます。やる気に満ち溢れた猪突猛進型ですね。 乗り越える壁が高く、ライバルが強力なほど燃え上がる戦士タイプの人には、倍率の高い人気校が向いています。現場で活躍するプロからの実践的な授業を、レベルの高いライバルたちと一緒に切磋琢磨しながら学んでいきましょう。

装飾画像

慎重に未来を見据える

じっくり学びたい大器晩成型の君へ

装飾画像

僧侶タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像

真面目で堅実、地道な努力家のあなたは僧侶タイプです。目的のためなら努力を惜しまず、根気強い性格。いつも丁寧な姿勢で、人のことを思う優しさを持っています。そんな大器晩成型の僧侶タイプには、じっくり時間をかけて学べる4年制、密度の高い授業が受けられるマンツーマンの専門学校がおすすめです。学ぶことの量は決して少なくありませんが、卒業する頃にはハイレベルなスキルを多く身につけています。

装飾画像

まず、自分の適性を知りたいなら診断でチェック!

装飾画像
装飾画像
装飾画像
装飾画像
装飾画像

君はどのタイプ?適正別ゲーム専門学校

  • 魔法剣士タイプ
  • 僧侶タイプ
  • 戦士タイプ
装飾画像

実力をつけて選択肢を広げる!

自分次第で可能性が無限大

装飾画像

ハイレベルな授業で更なる高みへ

熱意ある猛者に最適

装飾画像

じっくり学びたい大器晩成型の君へ

慎重に未来を見据える

装飾画像
装飾画像
装飾画像

魔法剣士タイプ向けスクール

好奇心旺盛でいろんな可能性を持つ魔法剣士タイプの人は、物事を広い視点から見ている戦略家です。すぐに活躍する実践スキルはもちろん、計画の要になる専門知識も器用に身に着けて行きます。そんな魔法剣士タイプの人には、専門職のスキルをはじめ様々な他職種のスキルも学べる専門学校がおすすめです。いろんな分野のスキルをバランスよく学んでいくことで、専門スキルやビジネススキルなど…将来の活躍の可能性を広げていきましょう。

装飾画像

戦士タイプ向けスクール

戦士タイプは、「とにかく実践あるのみ」な熱血タイプ。好きなことを好きなだけ追求する性格で、天才肌や職人肌の人が多くいます。やる気に満ち溢れた猪突猛進型ですね。乗り越える壁が高く、ライバルが強力なほど燃え上がる戦士タイプの人には、倍率の高い人気校が向いています。現場で活躍するプロからの実践的な授業を、レベルの高いライバルたちと一緒に切磋琢磨しながら学んでいきましょう。

装飾画像

僧侶タイプ向けスクール

真面目で堅実、地道な努力家のあなたは僧侶タイプです。目的のためなら努力を惜しまず、根気強い性格。いつも丁寧な姿勢で、人のことを思う優しさを持っています。そんな大器晩成型の僧侶タイプには、じっくり時間をかけて学べる4年制、密度の高い授業が受けられるマンツーマンの専門学校がおすすめです。学ぶことの量は決して少なくありませんが、卒業する頃にはハイレベルなスキルを多く身につけています。

まず、自分の適性を知りたいなら診断でチェック!

装飾画像
装飾画像