不登校を心配されてゲーム専門学校へ行けない場合の対処法
TOP » 親の反対意見を覆せ!ゲーム専門学校に入るための説得 » 不登校を心配されてゲーム専門学校へ行けない場合の対処法

親の反対意見を覆せ!ゲーム専門学校に入るための説得
不登校を心配されてゲーム専門学校へ行けない場合の対処法

親に「不登校になるのではないか」と反対され、ゲーム専門学校へ行けないという例もあるようです。

「専門的な学習についていけず、途中で挫折してしまうのでは?」
「何事も長続きしないタイプだから、すぐに学校をサボってしまうのではないか」
「ヤル気とモチベーションを維持できるとは思えない」

などと、親に言われている人もいるのではないでしょうか?親としては、決して安くはない学費を出してゲーム専門学校へ行かせるワケですから、最後までしっかりとやり遂げて欲しいと思っています。「不登校になるのでは」などと思われるのは心外かもしれませんが、親にはそう考えるだけの理由があると思った方が良いでしょう。では、不登校を理由にゲーム専門学校への進学を反対してくる親の気持ちとは、いったいどんなものなのでしょうか。以下で詳しく考察していきます。

実際に親が言いたい事はこんな事

子どもの性格・行動のクセなどを、誰よりも知っているのは親です。「不登校になるのでは?」とゲーム専門学校への進学を反対しているのは、それなりの理由があるからなのです。理由として考えられるのは、習い事やクラブ活動などが長続きしたことがない・サボり癖がある・飽きっぽい・熱しやすく冷めやすいといった子どもの性格。こういった傾向が見られる場合、不登校を不安に思う可能性が高くなります。しかし、親としては子どもが希望する進路をできれば応援したいもの。そういった不安を吹き飛ばすくらいのゲームクリエイターになりたいという熱意、最後までやり遂げる覚悟を見せて欲しいと常に願っているのです。

学生が悩みどころとして感じている不満

親に「ゲーム専門学校へ行ってもどうせ不登校になる」「サボるに決まっている」などと言われたら、やはりいい気はしませんよね。「これから頑張ろうと思っているのに、なぜ応援してくれないのか」「自分を認めてくれていないのか」などと、やりきれない気持ちになる人も多いと思います。しかし、親はなんの理由もなしにこんな発言はしません。「不登校になるのでは」という不安を持たれたということは、あなた自身にもなんらかの原因があると考えた方が良いでしょう。すぐに物事を投げ出す・ひとつのことをやり切れたことがない・一時的な感情に流されやすい、という傾向はありませんか?心当たりのある人は親の信用をすぐに得るのは難しいと考え、自分自身の性格・行動を改善していくことを最優先としましょう。

だから冷静になって、考えてみよう

不登校になるのではという不安を払拭してもらうには、まず行動を見せることが大切。普段からゲームについての勉強をする・イベントやセミナーなどに参加する・自力で簡単なゲームを作ってみるなど、親の目に見える努力を見せ、もっと専門的に学びたいという気持ちを伝えていきましょう。まったくゲームに興味がないのにいきなり「ゲーム業界に行きたい」と言っても、親は説得できません。

また、「専門的な学習についていけず、不登校になるのでは」という不安に対しては、ゲーム専門学校の取り組みを理解してもらう努力をしましょう。行きたいゲーム専門学校の教育方針を調べ、初心者からでもきちんと学べる環境であることを具体的に伝えてみてください。たとえば、担任制で学習のフォローをしてくれる・生徒のほとんどが初心者からのスタート・クラスが少人数制である、といった点です。資料を見せるだけでなく、できれば学校見学などにも一緒に行ってみると◎。講師や実際に勉強している学生の話は、かなりの説得力を持っているものです。

ゲーム専門学校診断チェックをする