ゲーム専門学校に通うための一人暮らしに反対されたら?
TOP » 親の反対意見を覆せ!ゲーム専門学校に入るための説得 » ゲーム専門学校に通うための一人暮らしに反対されたら?

親の反対意見を覆せ!ゲーム専門学校に入るための説得
ゲーム専門学校に通うための一人暮らしに反対されたら?

ゲーム専門学校への進学を考える際、親に実家からの通学を条件に出されることがあります。電車などで通える位置に学校があればよいですが、遠方の場合はどうしても一人暮らしを余儀なくされます。しかし、この一人暮らしに反対されるケースは非常に多くなっているのです。親の意見として多く聞かれるのは、以下の通り。

「高校を卒業したばかりで、一人暮らしなんてできるワケがない」
「経済的な面で、一人暮らしの支援は難しい」
「遠く離れた土地で、勉強と生活を両立させるなんてムリ」
「栄養面や健康の管理が心配、健康を損なってしまうのではないか」
「犯罪に巻き込まれたりしないか」子どもは「心配しすぎ」

と思うことも多いでしょうが、親としてはやはり安心できる環境に子どもを住まわせたいものです。一人暮らしを賛成してもらうには、その点について親に納得してもらう必要があります。

実際に親が言いたい事はこんな事

子どもはいつか自立していくものと、親も頭では分かっています。しかし、それよりも「子どもが心配!」という気持ちの方が先に立ってしまうのが現状。遠く離れた地で子どもが一人暮らしをする姿をあれこれ想像し、「本当に一人でやっていけるのか」「遊びほうけてしまうのでは」「病気になったらどうするの?」などと、あらゆる心配が積み重なって「反対」という形になってしまうのです。また、一人暮らしの支援をするには経済的な事情も絡んできます。ゲーム専門学校へ進学するための学費も多くかかるのに、生活費まで捻出するのは至難の業。反対をしている親の中には、「本当はひとり暮らしを応援してあげたいけれど・・・」という気持ちを持っている人も多いと思います。

学生が悩みどころとして感じている不満

子どもとしては、ゲーム専門学校への進学を機に、憧れの一人暮らしを始めてみたいと思っている人も多いでしょう。しかし、学生のうちに「一人暮らしをしたい」と親に申し出て、あっさり承諾されるケースは少なめ。金銭面での問題であれば納得もできるでしょうが、「あなたに一人暮らしなんてできるワケない」と、頭ごなしに言われるケースもあるでしょう。すると、子どもは「親に信用されていない」などと不満に思い、感情のままに自分の意見を押し通そうとしてしまうのです。しかし、一人暮らしを認めてもらうのに、これでは説得力の欠片もありません。自分の感情だけでなく親の気持ちも汲み取って、冷静に話を進めていく必要があります。

だから冷静になって、考えてみよう

一人暮らしを反対する親の気持ちとして大きいのは、「子どもがきちんと一人で生活していけるか不安」「経済的な余裕がない」の2点だと思います。ですから、ここをうまくフォローできれば、一人暮らしを承認してもらえる可能性も高まると言えるでしょう。

最初に生活面についてですが、まず自分の普段の生活を振り返ってみてください。掃除・洗濯・料理といった家事を親にまかせっきりになってはいませんか?おこずかいを計画的に使えていますか?自分の身の回りのことすらきちんとできていないのに、親に「不安に思うな」と言うのはムリがあります。一人暮らしをしたいと思うなら生活態度を改め、一人でもやっていけるという力を見せるようにしましょう。

経済的な問題を解決する方法には、学生寮・学生マンションを利用するという手段があります。多くのゲーム専門学校では提携の寮や学生マンションを紹介しており、一般の一人暮らしより安い価格で利用できるのです。完全な一人暮らしではないですが、部屋は個室でプライバシーは万全。しかも寮には寮母さん、学生マンションには管理人さんが常駐しているので安全面もバッチリです。なかには食事を提供してくれるところもあるため、栄養面でも安心できます。こういった施設の利用を提示すれば、一人暮らしも認めてもらいやすくなるでしょう。

ゲーム専門学校診断チェックをする