想い描く未来と構想、現実を見つめながら、好きな世界を体験する。
TOP » 親の反対意見を覆せ!ゲーム専門学校に入るための説得

親の反対意見を覆せ!ゲーム専門学校に入るための説得
ゲーム専門学校への進学で親を説得する方法

ゲーム専門学校への進学を希望しているのに、親に反対されて困っている・・・という人は多いようです。その理由は家庭によってさまざまですが、「学費が高すぎる」「専門学校を出てもゲーム会社へ就職できるとは限らない」「一人暮らしが心配」「将来が不安」といった声が多く聞かれます。

子ども側としては、自分のやりたいことをすぐ認めてもらいたいと思うでしょうが、親を説得するには親の気持ちも理解しなければなりません。親の考えていることや不安な気持ちを踏まえ、それを払拭するような説得をしていければ、ゲーム専門学校への進学を許してもらえる可能性も高まるのではないでしょうか。ここでは、状況別に親の説得術をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ゲーム専門学校に行きたいと言ったら反対された

ゲーム専門学校への進学を反対している親の意見として多く聞かれるのは
「専門学校へ行ってもゲーム業界へ就職できるかどうか分からない」
「資格は必要ないんだから、とりあえず大学へ進学しておいた方がいい」
「ゲームの勉強ばかりしても潰しがきかない、他の職種に就けない」
といった意見です。こうした意見を持つ親が抱えているのは、子どもの将来に対する不安。親が望む子どもの安定した幸せを、ゲーム専門学校が後押ししてくれるとは思えないから反対しているのです。親を説得するには、ゲームクリエイターの具体的な収入・将来性・キャリアップの可能性などをしっかりと把握し、どんな反対意見がきても納得できる答えを返せるようにしておくことが大切です。

ゲーム専門学校へ通う為の一人暮らしを反対された

通いたいゲーム専門学校が遠方にある場合、どうしても一人暮らしを余儀なくされることがあります。しかし、親に一人暮らしを反対され、進学できず困っているという声も多く聞かれます。この場合の親の気持ちとして挙げられるのは、
「高校を卒業したばかりで、一人暮らしなんてできるワケがない」
「経済的な面で、一人暮らしの支援は難しい」
「遠く離れた土地で、勉強と生活を両立させるなんてムリ」
といった意見。子どもとしては「心配しすぎ」「信用されていない」と思いがちですが、親としては安心できる環境に子どもを住まわせたいものなのです。この場合の説得術として有効なのは、専門学校が提携している学生寮・学生マンションの利用など。こうした施設は一般の一人暮らしに比べると料金も格安ですし、食事が付いているところもあるので安心。また、寮母や管理人が常駐しているという点でも、親を説得しやすいと思います。

ゲーム専門学校に入ってから、不登校にならないために

ゲーム専門学校に進学しても、結局不登校になってしまうのではないかという理由で親に反対されるケースもあります。こうした親の気持ちとして考えられるのは、
「専門的な学習についていけず、途中で挫折してしまうのでは?」
「何事も長続きしないタイプだから、すぐに学校をサボってしまうのではないか」
など。子どもとしては心外かもしれませんが、親は子どもの性格を誰より把握しています。こういった理由で反対される場合は、子ども自身にも原因があると考えた方が良いでしょう。不登校になるという不安を払拭してもらうには、普段からゲームについての勉強をする・イベントやセミナーなどに参加するといった行動・熱意を見せ、進学したいという気持ちが一時的なものではないと分かってもらうことが大切です。

ゲーム専門学校に行きたい、でもお金が..

経済的な理由で、ゲーム専門学校への進学を反対されるケースも多めです。
「資格が取れるワケでもないのに、学費が高すぎる」
「兄弟姉妹がいるので、高い学費を出すのは難しい」
といった理由が考えられますが、親のサポートなしに進学するのは難しいため、子どもとしても強く出られない問題だと思います。しかし、ここで大切なのは経済的な問題を親にまかせきりにしないこと。利用できる奨学金制度・特待生制度などの学費サポートを調べ、少しでも経済的負担を軽くする努力をしましょう。お金に関して真剣に考えているという姿勢が見えれば親も説得しやすくなりますし、次第に「協力してあげよう」という気持ちになってくれるのではないでしょうか。

ゲーム専門学校診断チェックをする