ソーシャルゲーム
TOP » 作りたいゲームの種類と必要となる職種 » ソーシャルゲーム

君が作りたいゲームは?
ソーシャルゲームを作ってみたい!

ソーシャルゲームとは、mixiやFacebookといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をプラットフォームとするゲームの総称。ゲームとしての娯楽性だけでなく、会員同士のコミュニケーションツールとしても高い評価を得ています。ここでは、現在最も多くのユーザーを集めているとされるソーシャルゲームを作る職業の種類と、現場で求められる適性についての情報をまとめてみました。ソーシャルゲームを作る職業を目指す方、興味のある方は必見です。

レーダーチャート説明

  • ・ストーリー:3

    SNSで提供されているゲームは、基本的には短時間でサクッとプレイできるのがポイント。そのため、ストーリー性はあまり重視されません。ただし、謎解き・RPG・ノベル系などはある程度厚みのあるストーリーを作ることが必要です。

  • ・独自性:4

    数多くのタイトルがリリースされているソーシャルゲームにおいて、オリジナリティを打ち出すことはとても重要です。ゲームが話題になればSNSへの登録者も増えますし、課金される率も高まるため、そういった意味でも高い独自性が求められます。

  • ・ゲーム難易度:3

    ソーシャルゲームの難易度は運営側がコントロールすることが多いため、ユーザーの声や要望を聞きつつ柔軟に対応できるシステム構築が必要。難易度のバランスが崩れるとゲームの面白みがなくなり、ユーザーはすぐに離れていくい傾向にあるため、難易度調整はとても重要です。

  • ・操作性:5

    ソーシャルゲームをプレイするツールは携帯電話・スマホ・PCが大半なので、シンプルな操作で楽しめる操作性の良さが大切。また、移動中や空き時間などにプレイする人も多いため、普段あまりゲームをしない人でも直感的にプレイできるようなシステムも必要です。

  • ・グラフィック:3

    携帯電話・スマホのスペックが高まっている中、ソーシャルゲームのグラフィックも品質の高いものになってきています。バーチャルアイテムを集めるようなジャンルは、とくにグラフィックの質がユーザーの心を掴むため、プレイを継続してもらうためにも欠かせない要素です。

ソーシャルゲームを制作するのに関わる職種

・ソーシャルゲームディレクター ・ゲームプログラマー ・ゲームプランナー ・シナリオライター ・グラフィックデザイナー ・キャラクターデザイナー ・サウンドクリエイター ・サーバープログラマー ・ネットワークプログラマー

求められる適正

ソーシャルゲームとは、mixi・GREE・フェイスブックといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をプラットフォームとするゲームの総称。主なゲームハードは、携帯電話・スマホ・PCとなります。シンプルな操作性で誰もが楽しめることを重視しているため、似たようなジャンルのものが多く見られる傾向。他作品との差別化を図るためにも、常に新しいものを生み出そうとする思考が必要とされています。また、流行の移り変わりも反映されやすいため、ユーザーのニーズをいち早くキャッチし、作品に反映していく柔軟性も求められます。

ソーシャルゲームを制作するうえでの注意点

移り変わりの激しいソーシャルゲームは、ユーザーのニーズや流行に合わせてゲームを開発していくスピードが必要。また、プランナー・プログラマーなどがそれぞれの仕事だけを担当するケースは少なく、企画・制作・運営・保守・システム管理といった業務を掛け持ちすることが多くなっています。職種を越えた幅広いスキルが求められるため、「これは自分の仕事ではない」などと思わないよう注意。何でも吸収し、どんどんスキルアップしていく姿勢を持ちましょう。
ゲーム専門学校診断チェックをする