ゲームプログラマーが担当する主な仕事とは
TOP » 業界で重宝されるゲームプログラマーになるには » ゲームプログラマーが担当する主な仕事とは

ゲームプログラマーになるには倫理的志向を培え
ゲームプログラマーが担当する仕事とは

ゲームプログラマーの仕事とは、C言語・C++などのプログラミング言語を用いてプログラミングを行うこと。どんなに優秀なシナリオ・美しいグラフィックがあってもゲームとして動作しなければ意味がないため、制作現場において非常に重要なポジションであると言えます。ここでは、そんなゲームプログラマーが担当する主な仕事の内容を、企画書作成・仕様書作成・ゲームプログラミング・デバッグに分けてご紹介。ゲームプログラマーを目指している方は、ぜひチェックしておいてください。

ゲームプログラマーになると、こんな仕事が待っている

ゲームプログラマーの主な仕事はプログラミングですが、ゲーム会社によっては企画の段階から携わり、企画書作成を担当することもあります。企画書とは、ゲーム制作にあたってのアイデア・コンセプトなどを文書にしたもの。ゲームプログラマーが企画書を作成する際に大切なのは、企画にムリがないか・実現可能なものなのかを技術者目線で判断すること。どんなに企画が盛り上がろうとも、技術的に不可能であればゲームを商品化することはできないからです。

仕様書作成

仕様書とは、いわばゲームの設計図。仕様書があればゲームを制作できるといっても過言ではないほど、大切なものとなっています。一般的にはプランナーやプロデューサーが作成しますが、ゲームプログラマーが仕様書作成を担当することもあります。仕様書を作成する際に大切なのは、現場のスタッフに伝わりやすい内容であるかどうか。キャラの動き・エフェクトといった指示のすべてを文章で表す必要があるため、誰にでも分かりやすいように作成する必要があります。

ゲームプログラミング

ゲームプログラマーのメインとなる仕事で、C言語・C++などのプログラミング言語を用いてゲームの基盤となるシステムをプログラミングしていきます。プログラミングの元となるのは、ゲームの設計図である仕様書。プログラマーは記載された指示に沿って、キャラクターの動き・エフェクト・サウンドなどが仕様書通りに動作するようプログラムを組むのです。また、場合によっては開発に必要な支援ツールの作成などを行うこともあります。

デバッグ

デバッグ(debug)とは、プログラムに潜んでいるミスや欠陥を探し出し、修正する作業のこと。プログラミングには細心の注意を払うことが大切ですが、どうしてもバグが発生することがあります。それをデバッグ作業で見つけ出し、即時対応するのもゲームプログラマーの大事な仕事の1つです。重大なバグを抱えたままゲームを商品化してしまうと、売上や評価に大きな影響及ぼす恐れがあります。ただし、作品や企業にもよりますがデバッグには膨大な時間が必要となるため、作業を外部のデバッガーに委託するケースも多め。

ゲームプログラマーのやりがい

開発者・技術者であるゲームプログラマーは、いわゆる「ものづくり」の職業。自分の組んだプログラムが問題なく動くという達成感に、大きなやりがいを感じる人が多いようです。また、自分が携わったゲームタイトルが店頭に並んでいるのを見る・ユーザーから高い評価を受ける・スタッフロールに自分の名前がクレジットされるといった喜びも、ゲームプログラマーとしての喜びの1つでしょう。確かにゲームプログラマーはハードな仕事ではありますが、ゲームとものづくりが好きな人であれば、常にやりがいを感じながら続けることができるはずです。

ゲーム専門学校診断チェックをする