ゲームデザイナーが担当する仕事の内容とは
TOP » 業界で活躍できるゲームデザイナーになるには » ゲームデザイナーが担当する仕事の内容とは

ゲームデザイナーになるには感性を磨け
ゲームデザイナーが担当する仕事とは

ゲームデザイナーとは、その名の通りゲームの基本設定を担う職業。ゲームのベースとなる世界観・ストーリー・キャラクター・アイテム・エフェクト・音楽・システムなどをデザインしていきます。ただし、すべての作業を1人で行うわけではなく、シナリオライター・CGデザイナー・キャラクターデザイナーといった各部門のスペシャリストを取りまとめ、総合的な指揮を行う職業がゲームデザイナーと言われています。ゲームの企画から各種デザインのラフ案・プログラミング・モデリングなどを担当することもあるため、ゲームに関する幅広い分野の知識とスキルが必要となる仕事です。

ゲームデザイナーになると、こんな仕事が待っている

キャラクターデザインとは、ゲームの世界観や内容に合ったキャラクターを生み出すこと。ユーザーの興味を引く重要な要素の1つとなるため、魅力的なキャラクターをデザインすることが大切です。キャラクターデザインでは外見や表情はもちろん、衣裳・使用アイテムといった小物類のデザインなども担当。ゲームデザイナーがすべてのデザインを請け負うこともありますが、デザイナーがある程度のラフ画を描き、それを元にキャラクターデザイナーがしっかりとした形にしていくケースが多めです。

背景デザイン

背景デザインとは、ゲーム内の景色やコンセプトアートを制作する仕事。ゲームの世界観や雰囲気を、視覚的に説明する重要な要素となります。背景デザインに求められるのは、ゲームの世界観に違和感なく溶け込んでいること。3Dではユーザーが自由に視点を変えられるため、どの角度から見ても問題がないようにデザインしていく必要もあります。また、イメージ通りに背景を制作することも大切ですが、データ容量を抑えるなどでシステムへの負荷をかかりにくくするスキルも求められます。

エフェクトデザイン

エフェクトデザインとは、ゲームを盛り上げる演出・効果を制作する仕事。銃や剣などの武器を使用した際の火花や爆発・魔法を使用した際のキラキラとした光・雨や雷といった自然現象・キャラクターの感情表現など、ゲーム内での出来事を分かりやすく伝えるための記号的役割を担っています。分かりやすく伝えることが第一なので機能性が優先されがちですが、ゲームの世界観に合わせて独自性を打ち出すことも可能。それによって、ゲームの魅力が一段とアップすることもあります。

3Dモデリング

3Dモデリングとは、ゲームデザイナーのイメージ画を元に3Dグラフィックで形状データを起こす仕事。ポリゴン・サーフェイス・ソリッドといった表現方式を用いて、キャラクター・アイテム・背景といったあらゆるものを立体的に作り上げていきます。ゲームのクオリティーを左右すると言っても過言ではない作業のため、デザイナーのイメージを損ねることなく、見栄えの良いグラフィックを制作していくことが大切です。

ゲームデザイナーのやりがい

ゲームデザイナーとは、ゲームの世界観そのものをデザインしていくのが仕事。自分のイメージする世界観をゲームとして形にしたい・考案したキャラクターを動かしたい・自分が携わった作品で多く人を楽しませたい、といった考えを持っている人には非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。また、激しく変化し続けるゲーム業界において、常に新しいものを生み出し続けるオリジナリティとパワーがあれば、世界中からファンを集めるようなヒットメーカーになることも夢ではありません。

ゲーム専門学校診断チェックをする