業界で活躍できるゲームデザイナーになるには
TOP » 業界で活躍できるゲームデザイナーになるには

ゲームデザイナーになるには感性を磨け
業界で活躍できるゲームデザイナーになるには

ゲームデザイナーとは、ゲームの基本となる世界観・ストーリー・キャラクター・アイテム・エフェクト・音楽・システムなどをデザインする仕事。その業務内容は多岐にわたるため、制作時はジャンルごとに職種が分かれている傾向にあります(シナリオライター・CGデザイナー・キャラクターデザイナー・サウンドクリエイターなど)。一般的にゲームデザイナーと呼ばれる人は各分野のスタッフを取りまとめ、総合的に指揮を執るといった役割を担います。場合によっては企画立案からプログラミングまで携わることもあるため、1つの分野だけでなく、幅広い知識が必要とされる職業です。ここでは、そんなゲームデザイナーに求められる適性・仕事内容・将来性といった情報をご紹介しています。

こんな人がゲームデザイナーに向いている!?

ゲームデザイナーに向いているのは、とにかく「ものづくりが好きな人」。次々とアイデアを生み出し、それをどうしたら形にできるかといった工夫・試行錯誤を楽しむことを、自発的にできる人が適していると言えます。また、ゲーム業界は変化が激しいため、常に最新のトレンド・技術に敏感であることも必要。ゲーム関連だけでなくさまざまなものに興味を持ち、そこから新しいアイデアを生み出そうとする情熱も求められます。誰かのマネではなく、オリジナリティを追求するこだわりも重要な要素と言えるでしょう。また、現場においてはゲーム制作の指揮を執る立場にあるため、コミュニケーションを円滑に進めていく能力を持つ人は重宝される傾向にあります。

有名なゲームデザイナーと作品

  • ・小島秀夫「メタルギアソリッド」シリーズ
  • ・水口哲也「スペースチャンネル5」
  • ・三上真司「バイオハザード」シリーズ

平均的な年収と将来性

平均年収

ゲームデザイナーの平均的な年収は、300~600万円前後。新卒の初任給は18万円前後で、キャリアアップして現場管理なども任されるようになると平均以上の年収になる人もいるようです。ちなみに、ヒット作を生み出すトップクリエイターになると年収1,000万円以上も夢ではありません。

将来性

ゲームデザイナーとして活躍していくためには、常に新しい流行・技術・デザインなどに触れ、独自のセンスを磨いていくという姿勢が大事。1つの分野だけでなく、ゲーム制作にまつわる幅広い知識・技術を身につけることで、現場管理やマネジメントなどをまかせられる管理職的なゲームデザイナーへとステップアップすることも可能です。

ゲームデザイナーが担当する仕事

・キャラクターデザイン・背景デザイン・エフェクトデザイン・3Dモデリング

ゲームデザイナーの仕事は多岐にわたりますが、ゲームの基本となるキャラクターデザイン・背景デザイン・エフェクトデザイン・3Dモデリングなどは特に重要となる仕事の1つです。キャラクターデザインでは、ゲームの世界観やストーリーに合った魅力的なキャラクターを生み出すことが大事。ゲームデザイナーが元となるラフ案を描き、キャラクターデザイナーがゲーム用に描き起こすのが一般的で、背景デザインに関しても同様です。エフェクトデザインでは、ゲームを盛り上げる演出・効果を考案。イメージをCGデザイナーに伝えて制作してもらうこともありますが、ゲームデザイナーが自ら制作することも多くなっています。3Dモデリングとは、デッサン画をもとに3Dグラフィックを制作する作業。3DCGの幅広い知識が必要とされます。

ゲームデザイナーになるならこの資格

ゲームデザイナーになるのに資格は必須ではありませんが、自身の知識・スキルを証明するという面では有効です。ゲームデザイナーを目指す人に適した資格として挙げられるのは、マルチメディア検定とCGクリエイター検定。ゲーム制作に必要なマルチメディアの知識と、デザイナーに必要な3DCG・映像編集・モデリングといった技術の基本が身についていることを示せるため、就職・転職で有利になることもあります。その他、デザインソフトのスキルを証明できるIllustratorクリエイター能力認定試験、色彩の知識・造詣についての能力を示せる色彩士検定もオススメの資格です。

ゲーム専門学校診断チェックをする