ゲームクリエイターが担当する仕事とは
TOP » 長く業界で活躍できるゲームクリエイターになるには » ゲームクリエイターが担当する仕事とは

ゲームクリエイターになるには発想を養え
ゲームクリエイターが担当する仕事とは

ゲームクリエイターとは、ゲームソフトの制作・開発などに携わる人の総称。ただし、ゲーム業界においてはプランナー・ディレクター・プロデューサーといった企画担当を指すことが多いようです。ゲームクリエイターの仕事は、役職によって内容が異なります。プランナーはゲームの基盤となる企画を考案、ディレクターは予算や現場の進行管理、プロデューサーは仕様書作成・クオリティーチェックなどを担当しています。それぞれのクリエイターが自分の役割を果たしつつ、チームとしての連携感を大切にしながら1つの作品を作り上げていくのです。クリエイターとしての個々のスキルも重要ですが、ゲーム制作は共同作業だということを念頭に置き、仕事にあたる必要があります。

ゲームクリエイターになると、こんな仕事が待っている

ゲーム制作でもっとも最初に動くのは、プランナーを中心とした企画書の作成。どんなジャンルのゲームを作るのか・どんなストーリー構成にするか・どの年齢層を対象とするか・市場のニーズはあるか・製作費はどのくらい必要かなどを、メンバー同士で話し合いながら企画書に落とし込んでいきます。企画書の作成が終わったら、決定権を持つゲーム会社の上司へプレゼンテーションを実施。プレゼンが成功すれば、企画書に沿ってプロジェクトを開始します。

進行管理

ゲーム制作には、予算がつきもの。ゲーム制作における予算管理はプロデューサーが中心となり、必要な費用の調達・人件費の試算・宣伝などにかかるお金を細かく管理していきます。限られた予算内でどこに重きを置くかを考えたり、お金をかけずにクオリティーの高い作品を生み出すにはどうしたらいいかを考えることも、予算管理の大事な仕事。また、完成したゲームの販売促進も請け負うことが多いため、予算管理を担当する人には総合的なマネジメント能力が求められます。

クオリティーチェック

ゲーム制作が進み、出来上がってきたものを確認していく作業がクオリティーチェック。シナリオ・キャラクターデザイン・グラフィック・プログラムなど、各ゲームクリエイターから納品されたものが仕様書通りになっているかをチェックしていきます。グラフィックやプログラムに関しては、実際にプレイして動作を確認。不具合や違和感のある部分はないか、難易度やスピードに問題はないかを見ていきます。完成後に重大なバグが見つかると販売中止・延期となることもあるため、細心の注意を払って作業を進めます。

ゲームクリエイターのやりがい

ゲームクリエイターのやりがいと言えば、やはり携わった作品が販売されることでしょう。その作品がヒット作となったり、ユーザーの喜ぶ声が聞こえてくれば、それまでの苦労も吹き飛ぶくらいの喜びを得られます。また、実力が認められて重要な仕事をまかされるようになることは、ゲームクリエイターとしての成長の証し。高いモチベーションと、「より面白いゲームを世に出したい」という情熱を持ち続けることで、ゲームクリエイターとしての可能性はさらに広がりを見せるはずです。

ゲーム専門学校診断チェックをする