名作を生み出すゲームプランナーのアイディア発想法を紹介

親の反対を覆せ!
ゲーム専門学校入学への説得術

topボタン背景

君は何タイプ?
ゲーム専門学校 適正診断テスト

topボタン背景
TOP ⁄ ゲームクリエイターになるには ⁄ ゲームプランナーになるには ⁄ ゲームプランナーのアイディアの出し方

ゲームクリエイターになるには

アイコン画像

ゲームプランナーのアイディアの出し方

広い視野で短所さえ長所に!プランナーのアイディア発想法を伝授

ゲームの根幹となるアイディアを生み出すのは、ゲームプランナーの仕事です。今までに生み出されたどの名作ゲームも、プランナーの独自の発想から浮かんだアイディアが元になっています。

良いアイディアを考え付くためには、どのようなポイントや発想法が重要なのでしょうか?

広い視点から隙のないアイディアを考えつく、多くのプランナーが気を付けていることについて見ていきましょう。

ゲームのアイディアを考えるときに押さえたい5つのポイント

見出し背景 見出し背景

企画時に注目!名作ゲームのアイディアを生み出すポイント5つ

見出しライン

ゲームプランナーに必要なのはアイディア力。プランナーとしてアイディアを考える際には、次の5つのポイントを押さえておきましょう。

プロとして通用する、商品として売れるゲームを企画するにあたって、最低でも抑えておきたいポイントです。

どのように快感を得られるか

見出しライン

ゲームに限らず何かに熱中するとき、人は快感を得ているものです。「スッキリした!」「スカッとした!」と思える快感のあるゲームこそ、多くの人から支持される商品になるのです。

例えばサクサクと敵を倒していくゲームと、動作が重たく時間のかかるゲームなら、当然快感を得るのは前者の方ですよね。

プレイヤーがどんなときに快感を得るのか、どんなシステムやストーリーが快感に繋がるのかを意識したアイディアが大切です。

新しさはあるか

見出しライン

人は好奇心の強い生き物ですから、新しいものに興味を引かれ、逆に使い古されたものには飽きを感じてしまいます。

ゲームをはじめとするエンターテイメントには、必ず新しさが求められます。もちろん新しければ何でも良いというわけではありません。新しくされたものが古いものと比べて、「良くなった」のか「悪くなった」のかも重視します。

改悪ではなく改良と言われるように、冷静かつ慎重に新しさと向き合っていくことが大切です。

ブランドイメージ

見出しライン

どんなゲームだって、ある一つの会社から生み出されていきます。ゲームを生み出す会社のブランドイメージを意識するのも、ゲームの企画に大切なこと。

例えば恋愛シュミレーションゲームが多い会社では、戦略RPGの企画は通りにくいです。女性向け、男性向け、全年齢向け…会社がどんなターゲットに向けてゲームをリリースしてきたのか、ブランドイメージに沿った内容のアイディアが求められます。

実現性

見出しライン

どんなに魅力的なアイディアだって、実現できなければ話になりません。例えば広大なマップをアイディアとして出したとしても、あまりにマップが広すぎればゲームの容量や必要な工数、人数の点でアイディアを断念することもあります。

まずは浮かんだアイディアを実現させるために、どれだけの工数や技術が必要なのかを考えることが大切。本当に実現できるのか、現実的なアイディアなのかを冷静に考えることがポイントです。

利益・売り上げ規模

見出しライン

商品としてリリースするなら「手間が少なく売上は多い」ゲームが理想ですから、あまりにコストが高くなるようなアイディアは企画として通りません。

また「売上規模」と言って、どのくらい売り上げたいのかの目安も注目です。大きな会社で少量の利益しか出ない企画や、小さなプロジェクトで莫大な利益の出る企画などは、ミスマッチから採用されないのです。

プランナーには、その企業の売上実績を意識したアイディアが求められます。

ゲームプランナーのアイディア発想法とは?

見出し背景 見出し背景

プロはこうしてゲームを生み出す!アイディア発想法

見出しライン

今現在活躍中のクリエイター達は、一体どんな発想法からゲームのアイディアを生み出してきたのでしょうか?

ここでは、現役のプランナーも実践しているアイディア発想法をいくつかご紹介していきます。

アレンジしてみる

見出しライン

「新しいもの」を0から生み出そうとすると、なかなかアイディアは浮かびませんよね。

そこで、まずは既存のアイディアをスタート地点として発想してみましょう。すでに実現された複数の要素を思い浮かべながら、それらを組み合わせたり足したり引いたりしながら、新しいアイディアを生み出していくのです。

既存のものに対して「ここがこうなっていたら良いのに」と自分なりのアレンジをするのです。アレンジを重ねるうちに、今までにはなかった全く新しいアイディアが生まれていきます。

例えば「自分じゃなくて他のものを戦わせたい」と戦闘RPGをアレンジすれば、育成RPGが生まれる…といった感じですね。

ゲーム以外からもヒントを探す

見出しライン

良いゲームを生み出すためには、既存のゲームを参考にするのが良い…と思っていませんか?

もちろん同じ業界内にもヒントはたくさんありますが、一流クリエイター達は視野を広げて、ゲーム以外のものにも注目しています。

例えばパズルゲームを作りたいとき、既存のパズルゲームを元にして考えていては、既存のゲームに似たアイディアしか思いつきません。ところが雨が降るのを見ていれば、「上から落ちてくる」タイプのパズルゲームを思いつくこともあります。

ゲームからアイディアを出そうとすれば、どうしても既存のものに近くなります。ゲームとは無関係の色々なものを見ることは、今までにない発想を生み出すヒントになるのです。

ジャンルを決めつけない

見出しライン

アクションRPGを作りたい、ノベル形式のアドベンチャーゲームを作りたい…など、ジャンルをスタート地点としてゲームを考えようとしていませんか?

実はジャンルを決めつけてしまうと、そのジャンルの代表作に引っ張られたアイディアしか思い浮かばないのです。例えば「モンスターを倒す」という目的でアクションゲームを作ろうとすれば、どうしてもモンスターハンターシリーズに似たものが出来あがります。

まずはゲームのジャンルではなく、アイディアを出すことが大切。ジャンルは「コマンドで倒す」「アクションで倒す」などのアイディアが出た後で、ようやく決まるものですよ。

逆転の発想も味方に

見出しライン

良いアイディアを出そうと考えていると、どうしても「ここがダメだ」という欠点が出てきますよね。しかしせっかくのアイディアを一つの欠点で諦めるのは、勿体ないことです。欠点をむしろ美点に転換できないか、逆転の発想ができないか考えてみましょう。

例えば「主人公の影が薄い」という欠点なら、ストーリー終盤にかけてどんどん主人公の秘密があらわになっていく、ドラマチックな演出をするための美点になります。

「これがダメ」と思える点を、「むしろこれだから良い」と思わせるには、どんな魅力があれば良いのか。こうした逆転の発想を味方につけることで、どんどんアイディアに磨きがかかっていくのです。

タイトル装飾画像

君はどのタイプ?適正別ゲーム専門学校

自分次第で可能性が無限大

実力をつけて選択肢を広げる!

魔法剣士タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像
装飾画像

好奇心旺盛でいろんな可能性を持つ魔法剣士タイプの人は、物事を広い視点から見ている戦略家です。すぐに活躍する実践スキルはもちろん、計画の要になる専門知識も器用に身に着けて行きます。そんな魔法剣士タイプの人には、専門職のスキルをはじめ様々な他職種のスキルも学べる専門学校がおすすめです。 いろんな分野のスキルをバランスよく学んでいくことで、専門スキルやビジネススキルなど…将来の活躍の可能性を広げていきましょう。

装飾画像

熱意のある猛者に最適

ハイレベルな授業で更なる高みへ

戦士タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像
装飾画像

戦士タイプは、「とにかく実践あるのみ」な熱血タイプ。好きなことを好きなだけ追求する性格で、天才肌や職人肌の人が多くいます。やる気に満ち溢れた猪突猛進型ですね。 乗り越える壁が高く、ライバルが強力なほど燃え上がる戦士タイプの人には、倍率の高い人気校が向いています。現場で活躍するプロからの実践的な授業を、レベルの高いライバルたちと一緒に切磋琢磨しながら学んでいきましょう。

装飾画像

慎重に未来を見据える

じっくり学びたい大器晩成型の君へ

装飾画像

僧侶タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像

真面目で堅実、地道な努力家のあなたは僧侶タイプです。目的のためなら努力を惜しまず、根気強い性格。いつも丁寧な姿勢で、人のことを思う優しさを持っています。そんな大器晩成型の僧侶タイプには、じっくり時間をかけて学べる4年制、密度の高い授業が受けられるマンツーマンの専門学校がおすすめです。学ぶことの量は決して少なくありませんが、卒業する頃にはハイレベルなスキルを多く身につけています。

装飾画像

まず、自分の適性を知りたいなら診断でチェック!

装飾画像
装飾画像
装飾画像
装飾画像
装飾画像

君はどのタイプ?適正別ゲーム専門学校

  • 魔法剣士タイプ
  • 僧侶タイプ
  • 戦士タイプ
装飾画像

実力をつけて選択肢を広げる!

自分次第で可能性が無限大

装飾画像

ハイレベルな授業で更なる高みへ

熱意ある猛者に最適

装飾画像

じっくり学びたい大器晩成型の君へ

慎重に未来を見据える

装飾画像
装飾画像
装飾画像

魔法剣士タイプ向けスクール

好奇心旺盛でいろんな可能性を持つ魔法剣士タイプの人は、物事を広い視点から見ている戦略家です。すぐに活躍する実践スキルはもちろん、計画の要になる専門知識も器用に身に着けて行きます。そんな魔法剣士タイプの人には、専門職のスキルをはじめ様々な他職種のスキルも学べる専門学校がおすすめです。いろんな分野のスキルをバランスよく学んでいくことで、専門スキルやビジネススキルなど…将来の活躍の可能性を広げていきましょう。

装飾画像

戦士タイプ向けスクール

戦士タイプは、「とにかく実践あるのみ」な熱血タイプ。好きなことを好きなだけ追求する性格で、天才肌や職人肌の人が多くいます。やる気に満ち溢れた猪突猛進型ですね。乗り越える壁が高く、ライバルが強力なほど燃え上がる戦士タイプの人には、倍率の高い人気校が向いています。現場で活躍するプロからの実践的な授業を、レベルの高いライバルたちと一緒に切磋琢磨しながら学んでいきましょう。

装飾画像

僧侶タイプ向けスクール

真面目で堅実、地道な努力家のあなたは僧侶タイプです。目的のためなら努力を惜しまず、根気強い性格。いつも丁寧な姿勢で、人のことを思う優しさを持っています。そんな大器晩成型の僧侶タイプには、じっくり時間をかけて学べる4年制、密度の高い授業が受けられるマンツーマンの専門学校がおすすめです。学ぶことの量は決して少なくありませんが、卒業する頃にはハイレベルなスキルを多く身につけています。

まず、自分の適性を知りたいなら診断でチェック!

装飾画像
 
装飾画像