ゲームプランナーが現場でやっている仕事の内容を紹介

親の反対を覆せ!
ゲーム専門学校入学への説得術

topボタン背景

君は何タイプ?
ゲーム専門学校 適正診断テスト

topボタン背景

ゲームクリエイターになるには

アイコン画像

ゲームプランナーの仕事

企画書やストーリーを創り上げていく

ゲームプランナーとは、ゲームのアイデアを生み出し、実際にそれを表現してゲーム開発の企画を立てていく人を言います。

ゲームの画面やストーリーの運びを詳細に記した企画書を作って、開発陣にそれを見せながらゲームを作り上げていくのが仕事。いろんな開発メンバーと関わりながら、ゲームのクオリティーをチェックするなど…プランナーのやっている多様な働きについて、詳しくご紹介していきます。

ゲームプランナーには、こんな仕事が待っている

見出し背景 見出し背景

ゲームプランナーの仕事は主に2つ。「ゲームデザイン」と「プランニング」です。

ゲームデザインとは、アイデアを表現しながらゲームそのものを設計していくことを言います。例えばバトルのときの画面や、装備を整えるメニュー画面、町の画面から草むらの画面にどのように映っていくかなど。ゲームの世界観を大切にしながら、開発にかかわる多くの人にゲームのイメージを伝えやすくします。

プランニングとは、ゲームの開発を管理する役割のことです。計画の立案をはじめ、開発側の進捗や納品をコントロールしていきます。そのためプログラマーやデザイナーなど、他職種の担当者達とコミュニケーションを取りながら、彼らに進捗確認や作業依頼をすることもあります。いわばゲーム開発にかかわる多くの担当者達の総合窓口です。

企画の立案・企画書の作成

見出しライン

ゲームの大まかなアイデアが決まったら、まずは原案書を作成していきます。ゲームの流れや予想できる売上・経費についての根拠をまとめた資料のことを原案書と言います。つくった原案書を提出して、ゲームの開発を事業として進めても良いかを判断するのが目的です。

原案書の審査に通ったら、次はゲーム開発の本格的な準備に入ります。企画を立案するために、ゲーム内容の詳細を説明した企画書を作成します。ゲーム開発のメンバーや協力を仰ぐ会社に対して、ゲーム内容を正確に伝えるのが企画書の目的。第三者が見ても分かりやすいように、ゲームの世界観やイメージ、サンプルとなるイラストなども含めて企画書を作成していくのです。

シナリオの作成

見出しライン

専任のシナリオライターに依頼することもありますが、ゲーム業界のほとんどではプランナー職の中から、適任の人がシナリオを作成していきます。

ゲームシナリオは、ビジュアルやサウンドと同じくらいユーザーを惹きつける存在。例えばゲーム内容を説明するチュートリアルの文章も、ただの説明口調ではなくて、キャラクターが話しかけるような口調にした方がユーザーは楽しめますよね。

また、ゲームシナリオには、ユーザーをストーリーやキャラクターに感情移入させる力も大切。先の気になる展開でユーザーの興味を誘ったり、キャラクター同士の会話でユーザーに魅力を伝えたり…。

ユーザーにゲームをプレイさせる動機づけとして、シナリオは大活躍します。

発注・進行管理

見出しライン

プランナーはあくまでゲームの企画をするだけで、自らプログラムやデザインを作るわけではありません。ですから他職種のメンバーに「こんな素材を作って」と発注するために、仕様書を作成する必要があるのです。

プログラマーやデザイナーは複数人いますから、誰が見ても同じものを作れるよう、仕様書には詳細な説明が要されます。また仕様書や企画書が完成したら、作業に必要な費用や日数などを見積もり、それを各担当者に依頼するのもプランナーの役割です。

発注後はメンバーたちと頻繁にコミュニケーションを取りながら、適切なタイミングでスケジュールを調整していきます。

「納品されたら終わり」ではなく、問題点がないか確認し、必要なら作り直しを依頼します。

クオリティーのチェック

見出しライン

プランナーはゲーム開発の仕上げとして、出来たゲームをテストプレイします。ちゃんと企画の意図通りにゲームが仕上がっているか、バグはないかを繰り返しプレイして確かめるのです。

もちろん他の部署でもテストプレイは行われますが、全体的な視点からゲームの完成度をチェックできるのはプランナーだけです。

テストプレイを通して気になるポイントについて各メンバーと話し合い、ゲームのクオリティーを上げていきます。

テストプレイから発覚したバグ(ゲームの不具合)は、プログラマーなどの他部門と連携してデバッグ(修正・改善)していきます。バグ修正のような対応がそれぞれスケジュール通りに進んでいるか、プランナーは頻繁に周囲の状況をチェックする必要があります。

ゲームプランナーとして活躍したいなら…

見出し背景 見出し背景

自分の考えたシナリオや企画が、多くのプロジェクトメンバーの手によって形となり、世に生み出されていくのがやりがいのゲームプランナー。そんなゲームプランナーとして活躍したいのなら、まずはゲーム専門学校に通いましょう。

多くのゲーム専門学校では、現役のゲームクリエイターが講師となって現場で使えるスキルを教えてくれます。以下の診断テストは自分にあった専門学校の特徴を知ることができるので、ぜひ試してみてくださいね!

タイトル装飾画像
君はどのタイプ?適正別ゲーム専門学校

自分次第で可能性が無限大

実力をつけて選択肢を広げる!

魔法剣士タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像
装飾画像

好奇心旺盛でいろんな可能性を持つ魔法剣士タイプの人は、物事を広い視点から見ている戦略家です。すぐに活躍する実践スキルはもちろん、計画の要になる専門知識も器用に身に着けて行きます。そんな魔法剣士タイプの人には、専門職のスキルをはじめ様々な他職種のスキルも学べる専門学校がおすすめです。 いろんな分野のスキルをバランスよく学んでいくことで、専門スキルやビジネススキルなど…将来の活躍の可能性を広げていきましょう。

装飾画像

熱意のある猛者に最適

ハイレベルな授業で更なる高みへ

戦士タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像
装飾画像

戦士タイプは、「とにかく実践あるのみ」な熱血タイプ。好きなことを好きなだけ追求する性格で、天才肌や職人肌の人が多くいます。やる気に満ち溢れた猪突猛進型ですね。 乗り越える壁が高く、ライバルが強力なほど燃え上がる戦士タイプの人には、倍率の高い人気校が向いています。現場で活躍するプロからの実践的な授業を、レベルの高いライバルたちと一緒に切磋琢磨しながら学んでいきましょう。

装飾画像

慎重に未来を見据える

じっくり学びたい大器晩成型の君へ

装飾画像

僧侶タイプ向けスクール

装飾画像
装飾画像

真面目で堅実、地道な努力家のあなたは僧侶タイプです。目的のためなら努力を惜しまず、根気強い性格。いつも丁寧な姿勢で、人のことを思う優しさを持っています。そんな大器晩成型の僧侶タイプには、じっくり時間をかけて学べる4年制、密度の高い授業が受けられるマンツーマンの専門学校がおすすめです。学ぶことの量は決して少なくありませんが、卒業する頃にはハイレベルなスキルを多く身につけています。

装飾画像

まず、自分の適性を知りたいなら診断でチェック!

装飾画像
装飾画像
装飾画像
装飾画像
装飾画像
君はどのタイプ?適正別ゲーム専門学校
  • 魔法剣士タイプ
  • 僧侶タイプ
  • 戦士タイプ
装飾画像

実力をつけて選択肢を広げる!

自分次第で可能性が無限大

装飾画像

ハイレベルな授業で更なる高みへ

熱意ある猛者に最適

装飾画像

じっくり学びたい大器晩成型の君へ

慎重に未来を見据える

装飾画像
装飾画像
装飾画像

魔法剣士タイプ向けスクール

好奇心旺盛でいろんな可能性を持つ魔法剣士タイプの人は、物事を広い視点から見ている戦略家です。すぐに活躍する実践スキルはもちろん、計画の要になる専門知識も器用に身に着けて行きます。そんな魔法剣士タイプの人には、専門職のスキルをはじめ様々な他職種のスキルも学べる専門学校がおすすめです。いろんな分野のスキルをバランスよく学んでいくことで、専門スキルやビジネススキルなど…将来の活躍の可能性を広げていきましょう。

装飾画像

戦士タイプ向けスクール

戦士タイプは、「とにかく実践あるのみ」な熱血タイプ。好きなことを好きなだけ追求する性格で、天才肌や職人肌の人が多くいます。やる気に満ち溢れた猪突猛進型ですね。乗り越える壁が高く、ライバルが強力なほど燃え上がる戦士タイプの人には、倍率の高い人気校が向いています。現場で活躍するプロからの実践的な授業を、レベルの高いライバルたちと一緒に切磋琢磨しながら学んでいきましょう。

装飾画像

僧侶タイプ向けスクール

真面目で堅実、地道な努力家のあなたは僧侶タイプです。目的のためなら努力を惜しまず、根気強い性格。いつも丁寧な姿勢で、人のことを思う優しさを持っています。そんな大器晩成型の僧侶タイプには、じっくり時間をかけて学べる4年制、密度の高い授業が受けられるマンツーマンの専門学校がおすすめです。学ぶことの量は決して少なくありませんが、卒業する頃にはハイレベルなスキルを多く身につけています。

まず、自分の適性を知りたいなら診断でチェック!

装飾画像
 
装飾画像