ゲームクリエイターとして持っておきたい資格一覧
TOP » 長く業界で活躍できるゲームクリエイターになるには » ゲームクリエイターとして持っておきたい資格一覧

ゲームクリエイターになるには発想を養え
ゲームクリエイターとして持っておきたい資格一覧

ゲームクリエイターになるのに、特別な資格は必要ありません。しかし、ゲーム業界に就職・転職するにあたって、自分の持っているスキル・能力を分かりやすく説明するのは必要なこと。そこで有効となるのが、さまざまな資格です。ゲーム業界に関連した資格を取得しておけば、ゲームクリエイターとして最低限の知識・スキルを持っているという指標となるため、就職・転職活動がスムーズに進むこともあるのです。ここではゲームクリエイターに就くうえで、あると便利な資格をご紹介していきます。

ゲームクリエイターには全ての能力が必要

CGクリエイター検定とは、CG-ARTS協会が実施している検定の1つ。CGデザイナーとしての知識を問われるもので、試験はベーシックとエキスパートの2種類があります。検定の内容は、コンピュータグラフィックの基礎・CGアニメーション・映像編集・モデリングなど、表現のプロとして必要な知識が中心。この検定に合格すると、CG制作・技術全般への正しい知識を持っているという証明になります。合格基準は100点満点中70点、合格率はベーシック70~80%・エキスパート30~48%ほどとなっています(2015年のデータ)。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験とは、ビジネス能力検定サーティファイが実施している検定の1つ。プログラミングに必要なC言語についての能力・スキルを認定するもので、3級・2級・1級があります。この検定で出題されるのは、C言語の定数・演算子・型指定子といった基礎から、C言語を用いたプログラムの応用など。3級ではC言語の概要を理解していること、2級では開発等にC言語を利用できる能力、1級ではC言語を用いたプログラム設計ができることを証明できます。就職・転職を有利にしたいなら、2級以上の取得を目指すと良いでしょう。合格基準は満点中60%以上、合格率は66.9%となっています。(2015年度平均)。

マルチメディア検定

マルチメディア検定とは、財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)が実施している検定。コンピュータ・デジタルコンテンツといった、マルチメディア関連の幅広い知識を評価するもので、ベーシックとエキスパートの2種類があります。検定内容は、コンピュータならびに周辺機器・デジタルコンテンツ・インターネット・携帯端末といったマルチメディア関連の基礎知識から、それを取り巻く社会・ビジネスについての知識の有無を測るもの。ゲーム業界への就職・転職では、ビジネスとマルチメディアの関連性・応用力を持っていることが評価されるようです。合格基準は100点満点中70点、合格率はベーシック73.2%・エキスパート32.1%ほどとなっています。

MIDI検定

MIDI検定とは、社団法人音楽電子事業協会が行っている検定試験です。MIDIとは、電子音楽の標準規格のこと。MIDI検定はMIDIに関する知識と活用できる能力を持った人材育成を目的としており、4級から1級までの4種類にランク分けされています。4級・3級はMIDIやミュージックメディアに関する知識を持っているかを測り、2級は筆記および実技で能力を測ります。1級の試験を受けるには、2級の実技試験をクリアする必要があります。合格基準は100点満点中80点以上、合格率は3級62.0%・2級筆記58.4%・2級実技58.4%・1級31.3%ほどとなっています。

ゲームクリエイターに必要な資格

MIDI検定とは、社団法人音楽電子事業協会が行っている検定試験です。MIDIとは、電子音楽の標準規格のこと。MIDI検定はMIDIに関する知識と活用できる能力を持った人材育成を目的としており、4級から1級までの4種類にランク分けされています。4級・3級はMIDIやミュージックメディアに関する知識を持っているかを測り、2級は筆記および実技で能力を測ります。1級の試験を受けるには、2級の実技試験をクリアする必要があります。合格基準は100点満点中80点以上、合格率は3級62.0%・2級筆記58.4%・2級実技58.4%・1級31.3%ほどとなっています。

ゲーム専門学校診断チェックをする