長く業界で活躍できるゲームクリエイターになるには
TOP » 長く業界で活躍できるゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるには発想を養え
長く業界で活躍できるゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターとは、ゲームソフトの制作・開発などに携わる人の総称。ゲーム業界においては、プランナー・ディレクター・プロデューサーといった企画担当を指すことが多くなっています。仕事の内容はそれぞれの職種によって異なりますが、プランナーはゲームの企画を考案、ディレクターは制作現場の進行管理、プロデューサーは予算管理・仕様書作成・クオリティーチェックなどを担当するのが一般的です。チームの先頭に立って取りまとめる立場になることが多いため、責任は重いですがやりがいもある職業と言えるでしょう。ここでは、そんなゲームクリエイターになるための基本情報についてご紹介しています。

こんな人がゲームクリエイターに向いている!?

ゲームクリエイターに欠かせないのは、独自のセンスと好奇心。普段からいろいろなものに触れて感性を磨いたり、過去のものから流行のものまで幅広く興味を持つ姿勢が大切です。その中で想像力をフル稼働し、「この動きはゲームに使えるかも」「このモチーフでゲームを作ったら面白いのでは?」といったアイデアを次々と生み出せる人は、ゲームクリエイターに適した気質を持っていると言えます。また、ゲーム制作は長い時間をかけて1つのタイトルを作り上げることもあるため、粘り強さと責任感も大事。自分が担当すべき仕事をキッチリとこなし、責任を持って最後までやり遂げる能力はとても大切です。そしてもちろん、ゲームが好きだという気持ちも重要な要素となります。

有名なゲームクリエイターと作品

  • ・坂口博信「ファイナルファンタジー」シリーズ
  • ・石原恒和「ポケットモンスター」シリーズ
  • ・稲船敬二「ロックマン」シリーズ

平均的な年収と将来性

平均年収

ゲームクリエイターの平均年収は、350~600万程度。ただし、スキルやキャリアを積んでトップクリエイターまでのぼり詰めれば、年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

将来性

常に斬新なものを求めているゲーム業界は、若い人材が活躍しやすいのが特徴の1つ。技術面だけでなく、アイデアや発想力でも勝負できるため、やり方次第では若手のゲームクリエイターでも大きなチャンスを掴むことができます。新しいものを生み出すための試みをさせてくれることも多く、そういった部分にも将来性・期待性を感じられる職業と言えるでしょう。また、就職後に経験を積み、上位職へステップアップしていくことも可能。

ゲームクリエイターが担当する仕事

・企画書作成・進行管理・予算管理・クオリティーチェック

ゲームクリエイターは、担当する箇所によって仕事内容が異なります。ゲームの企画を考案したり、企画書作成を請け負うのは主にプランナー。企画を通すためのプレゼンテーションなども行います。ゲームの制作が始まり、その進行管理・予算管理を行うのはゲームディレクターの仕事。予算の調達法を考えたり、現場の状況を把握して具体的な指示を出したり、人員を適切にコントロールするのも仕事の1つです。クオリティーチェックとは、納品されたプログラムやグラフィックの品質を確認すること。ゲーム制作の総責任者であるプロデューサーの仕事で、ゲームの完成度を左右する大切な作業です。

ゲームクリエイターになるならこの資格

ゲームクリエイターになるには、特別な資格は必要ありません。「この資格があれば就職に有利」というものもありませんが、資格がまったく役に立たないということもないのです。たとえばCG・C言語・MIDIに関する資格を取っておけば「ゲーム制作に必要な技術・知識は持っている」という指標となり、面接などでも話がスムーズに進むことがあります。ちなみに、就職してから資格を取るのは時間的にも難しくなるため、できれば学生のうちに身につけておくことをオススメします。

ゲーム専門学校診断チェックをする