ゲーム専門学校に通うのは無駄だ!って本当?
TOP » 闇から光への転換!実録ゲーム専門学校 » ゲーム専門学校に通うのは無駄だ!って本当?

闇から光への転換!実録ゲーム専門学校
ゲーム専門学校に通うのは無駄だ!って本当?

「ゲームの専門学校で教わることなんてない、通うのは無駄」「行くだけ学費がもったいない」という意見は、ネット上でちらほら見られます。しかも、現役で活躍するプロのクリエイターからもそういった意見が聞かれることがあるため、「本当のところはどうなんだろう・・・」と不安に思っている人も多いようです。ここでは、ゲーム専門学校にまつわる噂をまとめ、その内容を検証してみたいと思います。本当は専門学校へ行きたいのに不安を払拭できない人、進学に反対している親を説得したい人、必見です。

ネット上でよく見るこんな内容

  • ・独学でも学べるような内容ばかり
  • ・ゲームに関係ない授業が多すぎる、時間のムダ
  • ・講師が現役のプロじゃない、教え方がヘタで何も身につかない

ゲーム専門学校の授業を受けて「独学でも学べる」と感じる人は、もともとプログラミングやデザインの知識・技術を持っている人が多め。授業は初心者でもついて来られるよう基礎の基礎から始めますので、よりハイレベルな技術を身につけたいと思って入学してくる人は、物足りなさを感じるようです。人によってはそれが苦になって中退し、独学でも学べる内容ばかりという感想を流すケースもあります。「ゲームに関係ない授業が多い」という意見もありましたが、ゲーム業界で活躍するために必要なスキルはゲームの知識・技術だけではありません。学校によっては、社会人として最低限のマナー・知識を身につけるカリキュラムが組まれていることもあります。これらの授業をムダと思う人は、そういった授業に価値を見出せない人たちではないでしょうか。講師の質に関しては、学校に関する情報収集が浅かった可能性アリ。なかには講師が経験不足のアルバイトばかりだったり、有名クリエイターを広告に出すだけで実際は指導を受けられないというケースもあるので注意が必要です。

この内容に異議あり!

・独学でも学べるような内容ばかり

ゲームのプログラミングに関する知識・技術は、専門書などをもとに独学でも学ぶことができます。しかし、自力で専門書を読み解き、ゲーム制作会社で通用するレベルのスキルを身につけるのは至難の業。まったくの初心者の場合は、独学を試みても基礎の部分でくじけてしまうことがほとんどです。ゲーム制作のスキルを身につけたいと思うなら、やはりゲーム専門学校へ通うのが一番の近道。「専門学校でも学ぶことは同じでは?」と思うかもしれませんが、専門学校で用意されている教材・カリキュラムは初心者でもムリなく学べるようなっているので、やる気があれば短期間でスキルアップできます。

・ゲームに関係ない授業が多すぎる、時間のムダ

ゲーム専門学校では、ゲームについての知識・技術だけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを高めるためのカリキュラムが組まれていることがあります。これを無駄だと感じる人もいるでしょうが、実はゲーム業界で働いていくためには必須のスキル。仕事をするには最低限のマナーを知っておかなければいけませんし、ゲーム制作はチーム作業のため、コミュニケーションスキルも磨いておく必要があります。ゲーム会社の採用試験では技術面よりもこういったスキルを見ることも多いため、決して無駄な授業ではないのです。

・講師が現役のプロじゃない、教え方がヘタで何も身につかない

ゲーム専門学校を選ぶ際には、講師陣の質についても知っておくことが大事。専門学校では「現役のゲームクリエイターが指導」と謳っていることが多いですが、すべての授業を現役クリエイターが受け持つとは限らないようです。なかには特別授業だけが現役クリエイターで、通常授業は一般講師というケースもあるため、しっかりと情報を確認しておきましょう。また、講師の教え方については体験授業を受けてみたり、オープンキャンパスで学生に質問してみると有意義です。

ゲーム専門学校診断チェックをする