ゲーム専門学校に対する悪い噂って実際にどうなの?
TOP » 闇から光への転換!実録ゲーム専門学校 » ゲーム専門学校に対する悪い噂って実際にどうなの?

闇から光への転換!実録ゲーム専門学校
ゲーム専門学校に対する悪い噂って実際にどうなの?

就職希望先として人気を集めている、アニメ・ゲーム業界。将来はアニメやゲームに関わる仕事がしたいと、アニメ・ゲーム関連の専門学校への進学を希望する人も多くなっています。しかし、ネットでゲーム専門学校について調べると、いろいろと悪い噂を目にすることも・・・。それによって不安を感じ、専門学校への進学意欲に迷いが出てしまう人もいるのではないでしょうか。ここではそんな不安を払拭するため、こういった意見・噂がどうして流れるのか、いったいどんな人がどんな理由で流すのかを検証。ネガティブ意見への反論も交えて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ネット上でよく見るこんな内容

  • ・学費のわりに、役に立つ知識やスキルを教えてもらえない
  • ・アニメ・ゲームの専門学校へ行っても業界に就職できない
  • ・学生のヤル気がない、雰囲気が悪い

アニメ・ゲーム専門学校にまつわる悪い噂でよく聞くのは、「学費のわりに、役立つ知識・スキルを教えてもらえない」という声。こうした不満を持っている人は、専門学校へ通えば自動的にすべてが身につくと思っている節があります。確かにある程度の基礎は教えてもらえるでしょうが、プロとして通用するレベルを目指すには、やはり積極的に学ぼう・吸収しようという姿勢が大事。自分から学ぶ姿勢がないのに「教えてもらえない」などと言うのは、少々お門違いにも思えます。就職については、最初の専門学校選びが間違っている可能性が大。就職率が高いから安心と思っていたら、ゲームとはまったく関係のない職種を斡旋された・・・などという声も聞かれます。最後に「学生のヤル気がない、雰囲気が悪い」という意見ですが、これはその年の入学者にもよります。いつの年も雰囲気が悪いとは限らないため、あまり噂に翻弄されないようにしましょう。

この内容に異議あり!

・学費のわりに、役に立つ知識やスキルをきちんと教えてもらえない

ゲーム専門学校のカリキュラムは初心者からでも学べるようになっているため、まったくプログラムを組んだことがない人でもきちんと授業を受ければ技術を習得できます。分からない部分があっても分かるようになるまでサポートしてもらえるのが専門学校のメリットですから、自分から学びに行く姿勢を大切にしましょう。講師も熱意のある人には親身になってくれますし、いろいろな知識・スキルを積極的に教えてくれるものです。受け身にならず、自分から学ぶ姿勢を大切にしましょう。

・アニメ・ゲームの専門学校へ行っても業界に就職できない

専門学校では就職率の高さを押し出しているところもありますが、どんなに就職率が高くても、全員がゲーム業界に就職できているとは限りません。確実にゲーム業界へ就職したいと思うなら、数多くのゲーム会社との間にパイプがあるかどうかをチェックしておきましょう。とくに卒業生が活躍している会社であれば、「この学校の卒業生は力があると」認識してくれていることが多いため、積極的な採用が期待できます。こうした情報収集を怠ると、せっかく学校を出たのにゲーム業界に就職できないといったことになるため要注意です。

・学生のヤル気がない、雰囲気が悪い

学生のヤル気や雰囲気については、その年の入学生にもよるため、一概には言いきれません。しかし、オープンキャンパスや学校見学などに参加しておけば、ある程度の雰囲気は掴めるはず。「遠方だから行けない」などと思わず、時間を作ってぜひ出かけてみてください。ちなみに、学校見学のおすすめは平日の授業見学。オープンキャンパスやイベント時は通常の雰囲気とは異なるため、本当の姿を見たいなら通常授業を見ておくべきです。もし、これといった理由もなく平日の学校見学を拒否されるようであれば、噂は本当かも・・・と疑うのもやむなしかもしれません。

ゲーム専門学校診断チェックをする